宮崎東病院の給料と待遇

給与 基本給198,300円~
賞与 年2回/3,95ヶ月分
手当 通勤手当~55,000円、住居手当~27,000円、夜間看護手当~27,000円、扶養手当、夜勤手当、特殊業務手当など
勤務時間 3交代制:日勤8時30分~17時15分、準夜勤16時30分~1時15分、深夜勤0時30分~9時15分
日勤のみ:早出7時~15時45分、遅出10時~18時45分
休日・休暇 4週8休制、年次有給休暇、国民の祝日、年始年末休暇など
福利厚生 健康保険や厚生年金への加入、国家公務員退職手当法適用
看護師寮 あり
託児所 あり(院内保育園)

宮崎東病院の基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構宮崎東病院
住所 宮崎県宮崎市大字田吉4374番地1
病床数 300床
看護師数 要確認
交通 JR日豊本線南宮崎駅で下車し宮崎交通バス国立東病院行の終点で下車、JR宮崎空港線宮崎空港駅で下車して徒歩10分、車で5分
車通勤
カルテの種類 電子カルテ

宮崎東病院の看護師中途採用実績

正規採用

毎年20人程度の採用実績があり、採用情報は通例として看護師と助産師を対象に毎年4月1日以降に発表されています。

独立行政法人国立病院機構九州グループによる一括採用というかたちになりますが、就職説明会は宮崎東病院と国立病院機構の主催によるものへ無料で参加することが可能です。

中途採用

通年で若干名を採用していて、2014年には2人が募集されました。勤務形態としては3交代のほかフルタイムの日勤専従、夜勤専従のそれぞれで募集されています。

非常勤

時給は1,170円からで設定されていて、そのほかの待遇は常勤職員と同様です。1年間の任用期間で契約し、都度更新となっていきますが勤務時間の変形が可能であることはメリットです。

宮崎東病院の教育制度

新人教育

プリセプターが担当し、最初の夜勤を前に心構えについて学ぶ講義などがあります。ストレスマネジメントでもベテランの先輩看護師から助言を受けることができ、新人から経験を積んでいく中で精神面のサポートも十分にあります。

院内研修

経年別で1年目には救急蘇生、ストレスマネジメント、フィジカルマネジメント、OP室実習、看護の振り返りなどといった内容が必須です。2年目以降は受け持ち看護師の役割や看護過程の展開、プリセプター制度における役割、実習指導などを学んでいきます。

コース別教育

看護研究コース、看護必要度コース、経営マネジメントコース、レジェンドコース、ポジティブコースという5つが設けられています。その中からいずれかは、必ず学びます。

院外研修

認定看護師を目指す教育課程は積極的な受講が推奨されていて、現場では2人が感染管理、1人ががん化学療法を担当しています。また、院外の看護師や学生の教育施設となっていて看護科のある高校や看護大学、看護学校などの学生に基礎看護の実習やフィールド体験、政策医療看護の見学実習などを実施しています。

宮崎東病院の特徴

宮崎東病院は、1939年に設立された傷痍軍人宮崎療養所が前身です。2001年に厚生省の管轄へ移管されて、2002年に国立療養所日南病院と統合して2004年に現在の国立病院機構宮崎東病院になりました。

呼吸器疾患への取り組み

療養所だった時代から呼吸器疾患に力を入れていて、早い段階から全館禁煙が導入され屋外に患者さんから職員までを対象とした喫煙所のスペースがあります。

HOT外来

専門外来の呼吸器内科にHOT外来があり、在宅酸素療法と在宅人工呼吸療法が導入されている患者さんだけを対象として呼吸困難の緩和、日常生活のサポートにあたっています。

感染症にかかりやすいリスクを避ける目的でも他に外来と分けられていて、長い待ち時間で容体が急変するようなことがないよう配慮されています。