高崎総合医療センターの給料と待遇

給与 基本給194,567円~204,249円(経験年数等による基本給の加算あり。他に諸手当がつきます)
賞与 年2回(6月・12月、3.95ヶ月分)
手当 夜勤手当、夜間看護等手当、専門看護手当、診療看護師手当、救急呼出待機手当、派遣手当、住居手当(借家の場合は月額最高27,000円支給)、通勤手当(月額最高55,000円まで全額支給)、地域手当(都市手当)、年度末賞与(医業収支が良好な場合のみ)、扶養手当、時間外勤務手当、特殊業務手当(重症心身障害児(者)病棟:25,000円、筋ジストロフィー病棟:25,000円、結核および精神病棟:12,500円、救命救急センター:12,500円)など
勤務時間 3交替制および2交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時15分~翌1時、深夜勤:0時半~9時15分、全夜勤:16時~翌9時15分)、早出遅出勤務あり
休日・休暇 4週8休制、国民の祝日、年末年始、年次有給休暇(年間20日、翌年へ最大20日間繰越可能)、病気休暇、特別休暇(結婚休暇、夏季休暇、忌引き、災害被災時など)、出産休暇、配偶者の出産休暇、男性職員の育児参加のための休暇、子の看護休暇、介護休暇、育児休業など
福利厚生 共済組合加入、退職金制度あり(勤続0.5年以上)
看護師寮 あり
託児所 院内保育園あり

高崎総合医療センターの基本情報

病院名 高崎総合医療センター
住所 群馬県高崎市高松町36番地
病床数 一般:445床、感染症:6床
看護師数 482名
交通 JR高崎駅・西口から徒歩約15分、JR高崎駅・西口から市内循環バス『ぐるりん』(料金:大人100円/回)および各路線にて『高崎総合医療センター』で下車
車通勤 不明
カルテの種類 電子カルテ

高崎総合医療センターの看護師中途採用実績

高崎総合医療センターにおける看護師の中途採用は、常勤および非常勤・パートの募集が随時行われています。

応募資格として看護師免許が求められていますが、経験年数等については不問です。選考方法は、常勤の場合では面接・筆記試験が実施されており、非常勤・パートの場合では面接のみが実施されています。

給料については、非常勤・パートの場合では時給制です。

随時募集は行われてはいますが、時期によっては採用状況が異なるため事前に確認することをオススメします。また、通常の採用試験については年複数回実施されており、新卒のほか経験者の応募も可能です。

高崎総合医療センターの教育制度

高崎総合医療センターでは、国立病院機構の「看護職員能力開発プログラム(ACTyナース)」に沿った各経年別の研修計画が企画され、卒後1年目の新人看護師からはじまり概ね5年をかけて看護師としての能力を高める教育が提供されています。

看護師としての心得や立ち居振る舞いをはじめ、メンバーシップやリーダーシップなどチーム医療で求められる幅広いスキルを磨くことができるプログラムの講義やセミナーを受ける機会なども多く、積極的な参加が支援されています。

看護セミナーには、「心電図」「人工呼吸器装着中の患者の看護」「指導のスキル(全3回)」「放射線療法を受ける患者の看護」「リハビリテーションを受ける患者の看護」があり、自身の目的に合わせて受講することが可能です。

また、高崎総合医療センターでは認定看護師になるためのサポート体制も充実しており、6ヶ月の教育課程受講中も在籍したままで資格取得が出来ます。

高崎総合医療センターの特徴

高崎総合医療センターは、明治6年に東京鎮台第一分営高崎営所病院として創立されたのち、改称や規模の拡大を経て平成21年10月に独立行政法人国立病院機構高崎総合医療センターとして発足した国立病院です。地域医療支援病院認定や地域がん診療連携拠点病院指定を受けるなど地域医療に幅広く貢献しており、三次救急を中心とした救急医療も専門としています。

平成25年9月9日からは救急現場に一刻も早く医師、看護師等が急行してプレホスピタルケア(病院前治療)を施すドクターカーの運用も開始されて、医療の追求だけではなく医師や看護師をはじめとした医療人の育成にも力が入れられており、附属高崎看護学校の運営や研修医の受け入れなども積極的に行われています。