山口宇部医療センターの給料と待遇

給与 基本給が看護師大学卒で198,300円、短大3卒で188,900円、短大2卒で180,500円
賞与 年2回/3.95ヶ月分
手当 夜間看護手当(夜勤1回につき3,500円~8,600円で夜勤をすると夜間看護手当に夜勤手当が加算され、準夜勤と深夜勤の実績に応じて二交代夜勤手当約10,500円、三交代夜勤手当約5,000円)、専門看護手当(専門看護師月5,000円、認定看護師月3,000円)、診療看護師手当(月60,000円)、救急呼出待機手当(待機1回につき2,000円)、派遣手当(業務した日1日につき4,000円)、住居手当(借家の場合、最高27,000円)、通勤手当(月55,000円まで)、超過勤務手当、扶養手当など
勤務時間 三交代制:早出7:00~15:45、日勤8:30~17:15、遅出10:15~19:00、準夜勤16:15~翌1:00、深夜勤0:30~9:15、1週間38.75時間勤務
休日・休暇 勤務表による4週8休制。有給休暇(年20日付与。翌年に繰越可能)、夏季休暇(3日)、年末年始休暇、育児休暇、介護休暇、結婚休暇、出産休暇など
福利厚生 厚生労働省第二共済組合加入
看護師寮 あり
託児所 あり

山口宇部医療センターの基本情報

病院名 独立行政法人国立病院機構 山口宇部医療センター
住所 山口県宇部市東岐波685番地
病床数 365床(一般178床、緩和ケア25床、亜急性8床、ICU4床、結核ユニット30床、重症心身障害児(者)120床)
看護師数 245名
交通 JR宇部線岐波駅下車徒歩20分、バスは阿知須線宇部新川駅~阿知須乗車(宇部新川駅から約30分、阿知須駅から約15分)または新山口線新山口駅~宇部新川駅乗車、山口宇部医療センター入り口下車で徒歩約10分(山陽本線新山口駅から山口宇部医療センター入り口まで約30分、宇部新川駅から約30分)
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

山口宇部医療センターの看護師中途採用実績

新卒定期採用は国立病院機構中国四国グループ内病院(23病院)の一括試験により採用が決定されますが、中途採用は各病院にて行っており、詳細は病院または国立病院機構中国四国グループのホームページに掲載されます。

山口宇部医療センターでは随時常勤看護師の募集を行っており、現職看護師の方の病院紹介動画を見る事ができます。

山口宇部医療センターの教育制度

社会及び地域のニーズに応えるための看護師を育成することを目指し、看護の責任を果たすための教育と資質の向上に努める教育を行っています。

それには国立病院機構独自の看護職キャリアパス(能力開発研修)制度を使い、機会教育(OJT)と集合教育(OFF-JT)を行い段階的に学び、人間性豊かな感情を有し患者と共に考え根拠に基づいた看護実践ができる看護師を育成しています。

時代に即応した人材育成にも力をいれており、キャリア開発、専門職としての質の高い看護の提供、自分がなりたい看護師に向けての自己実現への支援も行い、認定・専門看護師、ジェネラリスト、教育者を目指す看護師の支援など様々な研修、院内外学習、勉強会への参加等も積極的に支援しています。

山口宇部医療センターの特徴

政策医療分野における呼吸器疾患基幹医療施設、重症心身障害専門医療施設で、特に呼吸器疾患については県内で中核的機能を持ち、良性・悪性・難治性の治療機能を持っています。また、胸膜中皮腫の診断治療も専門機能を持っており、悪性胸膜中皮腫(アスベスト被害)診療では専門の内科医、外科医が検診から治療まで一貫の医療を行っています。

がん治療もがんの予防から診断、化学療法、放射線療法、緩和ケアまでを一貫して行い、放射線については画像診断専門医、放射線診断専門医が在籍しています。

障害児医療では、超重症児医療においては国内有数の機能を持ち、入院による病院診療の他に通園施設、障害児外来を設置し、敷地内には山口県立宇部総合支援学校の分室を併設しています。