紫香楽病院の給料と待遇

給与 看護師の初任給が2年過程で182,900円、3年過程で191,300円、大卒で200,600円
賞与 年2回(4.1ヶ月)
手当 夜間看護手当、住居手当、専門看護手当、特殊勤務手当、通勤手当、扶養手当、時間外勤務手当など
勤務時間 シフト制度:2交代制日勤8時30分~17時15分、深夜勤16時30分~翌9時15分
3交代制日勤8時30分~17時15分、準夜勤 16時30分~1時15分(3人)、深夜勤務1時~翌9時45分(3人)、遅出9時45分~18時30分
休日・休暇 4週8休、年次休暇年間20日
福利厚生 社会保険加入、国家公務員災害補償法適用
看護師寮 あり
託児所 なし

紫香楽病院の基本情報

病院名 国立病院機構紫香楽病院
住所 滋賀県甲賀市信楽町牧997
病床数 180床
看護師数 88名
交通 JR東海道線草津駅で草津線に乗り換え、貴生川駅から信楽高原鉄道で紫香楽宮跡駅下徒歩1分
車通勤 不可
カルテの種類 紙カルテ

紫香楽病院の看護師中途採用実績

紫香楽病院では、随時常勤と非常勤の看護師の募集を出しています。その場合の募集人数は若干名ですが、それ以外にも年次募集として他の国立病院機構の病院と一括で国立病院機構近畿グループとしての試験を受けて採用を決める方法があります。試験内容は面接と専門試験です。

年次募集に応募する場合は、第一希望の紫香楽病院で採用が決定されなかった場合、第二希望以下の他の病院に採用される可能性もあります。

紫香楽病院の教育制度

紫香楽病院では、倫理観と医療の専門知識、技術を活用して看護実践が出来る看護師を育成するために教育制度を整えています。

具体的には、新卒の看護師から5年目の看護師は国立病院機構143病院で統一されている教育プログラムである能力開発プログラム(Actyナース)に従い、新卒1年目までの新人コース、新卒3年目までの実務Ⅰコース、そして新卒5年目までの実務Ⅱコースに分け、経験による能力別に合わせて看護師教育を行っています。

新人コースでは、職場に対応できるよう、そして看護実践者としての基本的な能力を身につけるような研修を行い、2年目、3年目の看護師には基本的能力を元に毎日の看護に実践できるような力を身につけさせます。そして、5年目までにはチームリーダーとして他の看護師を率いることが出来るまでに育てます。

5年目以降の看護師に対しては、それぞれ目指す分野で活躍できるようにサポートします。専門看護師や治験看護師、認定看護師を目指す看護師、管理職を目指している看護師、ジェネラリストを目指している看護師、目指す分野は様々です。

紫香楽病院では看護師が自ら自分の目標を掲げて看護師としてステップアップできるような環境を整えています。

紫香楽病院の特徴

紫香楽病院は、1941年11月に滋賀県立結核療養所として創設されました。1943年に日本医療団紫香楽荘と改称された後に国立療養所比良病院と統合し、2004年に独立行政法人国立病院機構紫香楽病院と改称しています。

現在は重症心身障害の専門医療施設として機能しており、滋賀県立三雲養護学校紫香楽校舎が隣接、滋賀県内にある10箇所の神経難病拠点病院の一つでもあります。

神経難病医療については、県内外からも多くの患者を受け入れており在宅支援にも力を入れています。行政や福祉と協力して、心身障害に悩む患者に向けて短期入所事業を行うなどあらゆるサポート体制を整える他に、地域医療に貢献するために内科や小児科、外科、整形外科にも力を入れています。