丸山記念総合病院の基本求人情報

病院名 医療法人慈正会 丸山記念総合病院
住所 埼玉県さいたま市岩槻区本町2-10-5
病床数 241床
看護師数 157人(正看護師95人、准看護師62人)
交通 東武野田線岩槻駅下車徒歩10分、コミュニティバス保健センター行き丸山記念総合病院下車
車通勤 可能(駐車場4,500円)
カルテの種類 紙カルテ(電子カルテへ移行予定)
給与 基本給:227,000円~
賞与 年2回/3か月分
手当 夜勤手当:80,000円
通勤手当:~50,000円
住宅手当:10,000円
家族手当:10,000円
営業手当、残業手当ほか
勤務時間 2交代制:日勤8時30分~17時、夜勤16時30分~翌9時
休日・休暇 年次有給休暇(20日)、年間休日105日、4週8休制、結婚休暇、忌引休暇、出産育児介護休暇、リフレッシュ休暇など
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など各社会保険への加入、退職金制度(勤続3年以上)、奨学金制度、医療費補助制度、食事補助、ユニフォーム貸与、各種クラブ活動、レクリエーション、人歓迎会、永年勤続者表彰、忘年会など
看護師寮 あり
ワンルームタイプ
託児所 あり
24時間保育対応、3歳未満月12,000円、3歳以上1日720円

正規採用では、看護師、准看護師、助産師を毎年採用してきた実績があります。

応募資格は看護師免許を取得していること、あるいは採用年度に取得見込みであることです。選考方法は面接と作文の2つになります。

既卒者で臨床経験があれば、その分だけ給与面で加算されていきます。定年は63歳までで、採用に当たって63歳以下であることが条件になります。また再雇用制度を利用して65歳まで働くことができます。

丸山記念総合病院の教育制度

看護部における理念は、良質で安心していただける療養環境を整え、人権を尊重し信頼される看護の実践、研鑽を重ねて看護活動を通じて地域に貢献することです。

こうした看護師を目標にして、院内外での研修を通じて研鑽する場が設けられています。研修内容は院内研修、実習指導者研修、認定看護管理者研修、認定・専門看護師研修、そして看護協会やその他の業者が主催する研修への参加が可能です。

採用されるとまず新人オリエンテーション、新人技術研修があり、院内研修が各種あります。経験を通じてキャリアアップするため、各部署で経験を積んでいくことが可能とあんっています。

学ぶ場所を提供し、職場全体で向上心を持つことを推奨しているため、研鑽を続けやすくなっています。

丸山記念総合病院の特徴

前身となったのは1896年に開設された丸山醫院になります。1951年に医療法人丸山病院古川外科、1965年に医療法人丸山病院へと改称します。

1978年に総合病院の認可が下り、医療法人 丸山記念総合病院へと改称し、1988年に法人名を医療法人 慈正会へと改称しています。1990年にレインボークリニック(人間ドック)、1998年に訪問看護ステーション「いわつき」2001年に岩槻市在宅介護支援センターいわつきをそれぞれ開設しています。

2005年に新館が拓かれて、2006年からは本館のリニューアル工事を行っています。2008年にオーダリングシステムを始めており、段階的に紙カルテから電子カルテへ移行する準備を始めているところになります。

基本理念は、安全な医療の提供、誠意ある対応、地域との関わり合いの3つです。そのための基本方針として、接遇に心がけて心の通う患者さん本位の医療、院内のチーム連携により質の高い安全な医療、地域の救急医療の中心となること、地域との連携を担うこと、地域に貢献できる医療人を育成することなどを掲げています。

特徴ある取り組みとして、専門外来に爪相談、便通異常/脱腸ヘルニア、乳腺外来、乳腺腫瘍外来、小児科専門外来などがあります。爪相談では、陥入爪の緊急処置の外来、根治手術では形成外科と連携して行い、脚の健康管理を何でも受け付けています。

最近は巻き爪で困っている方からの相談が多く、爪角を切るだけの通院で、まっすぐに爪が伸びるようになり、歩くのが楽になります。