代々木病院の基本求人情報

病院名 医療法人財団東京勤労者医療会 代々木病院
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-7
病床数 183床
看護師数 106名
交通 JR総武線より千駄ヶ谷駅から徒歩2分
車通勤
カルテの種類 紙カルテ
給与 経験5年程度で305000円、保健師、助産師で318000円
賞与 年2回
手当 住宅手当、夜勤手当、待機手当、時間外手当、準夜手当、深夜手当、当直手当、休日出勤手当など
勤務時間 2交代制 日勤8時30分~16時40分 夜勤 16時30分~8時30分 3交代制 準夜勤 16時30分~0時40分 深夜勤 0時30分~8時40分
休日・休暇 4週8休制(3交代制) 4週6休(2交代制)  年間111日
福利厚生 各種社会保険完備 職員共済組合、財形貯蓄、財形年金制度あり
看護師寮 なし
託児所 なし

代々木病院では、常勤の看護師の募集を行っています。採用は随時行っていますので、採用人数などについて病院に直接問い合わせることが必要です。

常勤の看護師の他に非常勤の看護師の募集もありますので、自分の都合に合わせた働き方を選んで仕事をすることも可能です。

代々木病院の教育制度

代々木病院では、看護師として人間として中間と一緒に育ちあうことを目標に看護師教育を行っています。

職場教育では、実際の看護の現場に立って、実践として看護の仕事を学びます。また、外部研修では、民医連や看護協会の研修に積極的に参加ができ、計画に従って幅広い教育を受けることができます。

その他、法人研修として代々木病院、東葛病院、そしてみさと協立病院3病院が合同で制度研修について学ぶ機会があります。

新人看護師に対してはプリセプターが就きますので、それぞれの個性に合わせた指導が行われます。職場全体で新人看護師を育て、その後は看護師本人が目指している段階にステップアップできるように病院側が支援します。

ジェネラル、保健師、助産師、訪問看護という4つのコースが用意されており、それぞれ独自の研修を受けることで、自分の能力を上げることが可能です。

年に1回は病院や診療所、訪問看護ステーション、介護分野など、すべての看護部全体で看護実践についての報告や討論会が行われますので、病院内外にかかわらず幅広くいろいろな仕事を知ることができます。

代々木病院の特徴

代々木病院は、1946年に代々木診療所として開設されました。1952年に代々木病院となり、1993年には東葛病院と法人合同が行われて規模を縮小し、2000年には本館を全面立替して新病院としてオープンしています。救急告知医療機関の認定を受けており、日本医療機能評価機構認定病院でもあります。

代々木病院の理念は、ヒューマニズムにもとづく医療、介護の実践です。

働く人々や障害者、地域住民など、多くの方々の健康を守るために、医療と介護のチーム医療に心がけ、人権を大切にした医療を提供することに力を入れています。