関西医科大学附属枚方病院の給料と待遇

給与 基本給230,300円
賞与 年2回
手当 住宅手当~27,000円、通勤手当~50,000円、家族手当
勤務時間 1週間当たり35時間50分勤務
2交代制で日勤8時30分~16時30分、夜勤16時30分~8時30分
休日・休暇 4週8休制、振替休日制施行、日曜祝祭日、創立記念日振替日、年始年末休暇、有給休暇(初年度10日、最高20日)、夏季特別休暇(6日)、結婚休暇等各種休暇
福利厚生 日本私立学校振興、共済事業団加入、雇用保険、労災保険、私学共済退職金制度、球技大会、観劇会、保養所(信州信濃大町)、共済事業団の保養所、レストランのぞみ、地下職員食堂、ヘアーサロンedu.、クイックマッサージ、図書室、市民図書館分館、医学書販売ワニコ書店など
看護師寮 あり
マンション借り上げ
託児所 あり
保育所で0歳~2歳までが対象

関西医科大学附属枚方病院の基本情報

病院名 関西医科大学附属枚方病院
住所 大阪府枚方市新町2丁目3番1号
病床数 750床
看護師数 838人
交通 京阪電車枚方市駅下車徒歩約3分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

関西医科大学附属枚方病院の看護師中途採用実績

正規雇用の新卒採用は毎年約170名から180名で、看護師と助産師が同時に募集されています。5月~1月まで幅広く選考を行っているため、いつ応募しても問題ありません。また、中途採用は随時募集中で、経験者であることは給料面などでかなり優遇されるため中途採用を推進しています。

また、事業の拡大を行っているため2015年から1月期の採用試験の実施を始めました。これまで中途採用での応募の場合でしか冬場の採用試験は出来ませんでしたが、正規採用でも冬場に入職することが可能になりました。

現役の看護師で最も多いのは地元関西の出身者で、大多数は大阪もしくは近隣の出身者です。最近は九州地方に特化して看護師の募集が行われるようになり、九州地方出身の看護師が増えています。

関西医科大学附属枚方病院の教育制度

通常入職してきた看護師には始動役がつけられますが、あまり年齢が離れていると遠慮してしまったりその年齢層特有の悩みに気づきにくいため、シスター制と言う教育制度を設け、年齢の近い先輩看護師を指導役につけています。シスター制によって固定メンバーを指導し、同時にメンタル面でのケアも行ってくれる職場におけるお姉さん、お兄さんという立ち位置で不安や悩みのサポートについてくれます。

次世代をサポートする教育のためには卒後臨床研修センターの看護実践支援部門があり、シミュレーション研修が行えます。病院全体としてはクリニカルラダーを導入していて、個々のペースに合わせたスキルを取得して行きます。新人から始まり、一人前、中堅、達人とさまざまなレベルへ到達できるようになっていて、キャリアアップの目標として専門看護師、認定看護師への道があります。

関西医科大学附属枚方病院の特徴

関西医科大学附属枚方病院は、大分古くなっていた関西医科大学のキャンパスをクラボウ枚方工場跡地への移転が計画されていたことに連動し、2006年に新しく建設された新しい病院です。これまであった関西医科大学附属病院は関西医科大学附属滝井病院へと変わり、新しくできたこの病院は関西医科大学附属枚方病院となりました。これで関西医科大学にはこの枚方病院、滝井病院、香里病院の3つの大学病院を持つことになります。

他に満橋総合クリニック、附属生命医学研究所などがあり、これらの医療機関との連携も重要です。

関西医科大学附属枚方病院では、安全であたたかい医療の提供を理念に掲げ、患者さんの意思を尊重できる医療人の育成を行っています。大学病院として人間性の豊かさ、最先端の研究への取り組みを同時にこなせる質の高さを求めています。

患者さんからは施設の新しさ、綺麗さがかなり高評価で、13階建ての高層から見る眺めなども評価されています。入院する際に施設の古さに閉口することもなく、安全な部屋で過ごせます。また高齢の患者さんの話にちゃんと付き合ってくれる点も評価されており、心優しい医療人の育成には成功していると言えるでしょう。