岐阜大学医学部付属病院の給料と待遇

給与 185,915円~
各種主要手当47,000円~
賞与 年2回/3.89カ月
人事評価による加算あり
手当 住宅手当、通勤手当、扶養手当、夜勤手当、超過勤務手当
部署により調整手当、部署により待機手当
勤務時間 二交代:日勤8:30~17:15 夜勤16:30~9:30
変則二交代:日勤8:30~17:15 中勤8:30~21:00 夜勤20:30~9:15
三交代:日勤8:30~17:15 準夜:16:15~1:00 深夜0:30~9:15
休日・休暇 シフト制(4週8休)年次有給休暇20日、夏季休暇、結婚休暇、忌引き、育児休暇、介護休暇など
看護師寮 あり
構内看護・職員宿舎、賃貸マンション借り上げ看護・職員宿舎の選択可能、家族宿舎あり
入職後3年間入寮可能
福利厚生 新入職員歓迎会、バス旅行、観劇、ボーリング大会など
共済組合宿泊施設の利用、体育館、図書館など
託児所 岐阜大学保育園(ほほえみ)あり
平日の給食は、園内調理室でつくる完全給食制

岐阜大学医学部付属病院の基本情報

病院名 岐阜大学医学部付属病院
住所 岐阜県岐阜市柳戸1‐1
病床数 614床
看護師数 475人(常勤のみ)
交通 JR岐阜駅のバス停⑨乗り場から岐阜大学病院行き(40分)名鉄岐阜駅バス④、⑤乗り場から岐阜大学病院行き(40分)
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

岐阜大学医学部付属病院の看護師中途採用実績

正規職員の募集は、現在は終了しています。

しかし、年度ごとの中途採用者試験が行われています。

2015年度の採用人数は、新規卒業者と中途採用者あわせて80名を予定していました。給与に関しては、経験数により追加加算がありますが福利厚生や勤務時間、待遇に関しては新規卒業者と同様です。

この他、経験者のパート看護師募集は随時行われており、週30時間以内で時間や日数は相談可能です。週に30時間の場合は、各種社会保険加入が出来るようになっています。

岐阜大学医学部付属病院の教育制度

高度医療に対応できる看護実戦者の育成を目標とし、ラダー教育と固定チームナーシングでのチーム教育、教育専任看護師長や新入職者支援看護師、認定看護師や認定看護師による新卒看護師と既卒中途採用看護師の新人教育を行っています。

それにより、高度な医療に対応できる実践者の育成と継続教育により実戦能力、役割遂行能力、自己教育、研究能力を身につけます。

また、新入職者へ教育する看護師を明確化し、個々のレベルに応じた教育を行い、一人前の看護師へ教育していきます。繰り返し学習できるOJT環境、ベッドサイドカンファレンスにより看護展開の教育を行い、昼夜の業務に関して優先順位や一連の流れをシャドー研修にて学んでいきます。

この他にも特色ある教育課程があり、新人、既卒ともに慣れやすい教育環境が整っています。

岐阜大学医学部付属病院の特徴

岐阜大学病院は、明治8年からはじまり、昭和39年に現在の岐阜大学医学部付属病院と改称されるようになりました。

患者さん中心のチーム医療を行い、先進医療の提供と研究開発、より高度な医療の提供と、日々の研究を患者さんに還元、提供できるよう日々精進しています。また、地域周辺病院との連携を図り、より良い医療の提供に努めています。医療人として、人間味あふれ、知識・技術を携えた人材の育成も行っています。

岐阜県唯一の大学病院として、癌、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、精神疾患治療と救命救急、災害救護、へき地医療、小児・周産期医療の受け入れを積極的に行っています。ドクターヘリ、防災ヘリの活用も行っており、年に400例の救急ヘリ運用を行っています。

医療の多様化、患者さんのニーズに応えられるようスタッフ全員のチーム医療の確立を行い、患者さんの日々の安心を請け負っています。