東京慈恵会医科大学附属柏病院の看護師求人ガイドの給料と待遇

給与 初任給は2年制で263,162円、3年制で265,654円、大卒で274,090円
賞与 年2回
手当 通勤手当、扶養手当、住宅費補助手当、夜勤手当(1回9000円に深夜を加算)、時間外手当、助産師手当など
勤務時間 2交代制:日勤A8時~16時30分、日勤B8時~19時、夜勤18時30分~翌9時
休日・休暇 日曜、祝日 指定休日(年間42日)、大学の記念日(5月1日、10月15日)有給休暇(初年度10日最高21日)、県庁休暇、産休、育児、介護休職制度あり
福利厚生 健康保険、私学事業団年金、雇用保険、労災保険、大学の契約保養所、私学事業団の保養所、新入職員歓迎行事、納涼大会、文化祭、忘年会
看護師寮 あり(ワンルームマンション、セキュリティ完備)
託児所 なし

東京慈恵会医科大学附属柏病院の看護師求人ガイドの基本情報

病院名 東京慈恵会医科大学附属柏病院
住所 千葉県柏市柏下163番地1
病床数 624床
看護師数 534名
交通 東日本旅客鉄道常磐線各駅停車北柏駅南口より阪東バスまたは東日本旅客鉄道常磐線柏駅東口より阪東バス
車通勤
カルテの種類 平成27年1月より電子カルテ導入

東京慈恵会医科大学附属柏病院の看護師中途採用実績

東京慈恵会医科大学附属柏病院は、年度別に看護師を募集しています。柏病院だけでなく、東京慈恵会医科大学附属の4病院を合計して120名の求人(看護師100名、助産師20名)が出されました。

選考方法は、適性検査に専門筆記試験、そして面接です。特別な資格を持っている看護師については、筆記を免除されることもあります。

採用試験は、本院の会場の他に札幌、盛岡、仙台、新潟、大阪、博多、鹿児島で行われ、試験の日程は6月から11月にかけてです。就職にあたっての就職説明会は本院のほか柏病院でも行われていて、説明会は4月から7月の間です。

東京慈恵会医科大学附属柏病院の教育制度

看護部では創立者である高木兼寛の病気を診ずして病人を診よという建学の精神から、ナイチンゲール看護論を基盤とした教育プログラムを用意して実行に移しています。そのプログラムの中には、段階を踏んで看護師としての実践力や指導力を身につける看護実践力強化研修、またはコミュニケーション能力や看護疾病論などを学ぶスキルアップ研修が行われています。

また、10領域の認定看護師が講座を開き、学内でも学習会が開かれていて希望すれば自由に参加することが可能です。新人看護師研修体制については、エデュケーションナースが16名、実施指導者が55名付いて研修を1年間にわたって行います。新人看護師研修は、他の医療機関の研修生の受け入れも行っています。

各部署に配属する前には集合研修で安全管理や感染管理について学び、その後に各部署へ配属となります。集合研修は毎月行われ、他の部署の同僚との意見交換や情報を交換を行って仲間意識を育てます。

東京慈恵会医科大学附属柏病院の特徴

東京慈恵会医科大学附属柏病院は、1987年4月に東京慈恵会医科大学附属柏病院として開院し、1993年4月には千葉県から救急機関センターの指定を受け、2012年4月には救命救急センターの指定も受けました。現在は地域がん診療連携拠点病院にもなっています。

先進医療として頚椎椎間板ヘルニアに対するYAGレーザーによるCT透視下の経皮的椎間板減圧術、超音波骨折治療法、及び早期胃癌に対する腹腔鏡下センチネルリンパ節検索を行い、東京慈恵会医科大学を創設した高木兼寛が脚気の予防策として麦ごはんを考案したことから、入院患者は週1回程度、麦ごはんが食事に出されます。