聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の給料と待遇

給与 206,030円~ 手当約50,000円
賞与 年2回支給(7月、12月)定期昇給は年1回
手当 調整手当、夜勤手当、被服手当、特殊勤務手当、保育手当、託児補助手当、時間外手当、通勤手当、住宅手当、家族扶養手当、夜勤時タクシー補助手当等
勤務時間 二交代:日勤8:30~17:00 夜勤16:30~翌9:00
三交代:日勤8:30~17:00 準夜勤16:30~翌1:00 深夜勤0:30~9:00
休日・休暇 4週7休 年次有給休暇、夏季・厚生休暇、慶弔特別手当、年末年始休暇、開学記念日、育児介護休業制度など
看護師寮 あり
ワンルームマンションタイプ(20,000円~)
福利厚生 日本私立学校振興・共済事業団の加入する健康保険、年金、雇用保険や労災保険加入、日本史散る学校振興・共済事業団の利用できる宿泊施設等利用補助、貸付事業、貯金事業の活用、食事補助、被服手当支給、看護師寮等
託児所 あり(マリアンナはなみずき保育所)

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の基本情報

病院名 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
住所 神奈川県横浜市旭区矢指町1197-1
病床数 518床
看護師数 約1980人(付属4病院総数)
交通 相鉄三ッ境駅より徒歩約12分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の看護師中途採用実績

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院では、経験がある看護師の中途採用を実施しています。ブランクがある人や仕事に対して自信がない人についても正規職員として採用して教育していますから、やる気があれば誰でも採用試験を受けることができます。

面接試験と適性検査による選考が行われ、試用期間が設けられていて勤務開始日の相談も可能です。給与面は大学病院が定めている規定に基づき、既卒看護師も看護師寮を使用することが可能です。

また、パートタイマーの看護師も随時募集されていて、勤務日数や勤務時間などは相談することができます。時給は1,600円、研修期間中は1,500円で、パートターマーにも昇給制度や交通費の支給があります。

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の教育制度

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院は、教育制度として新人看護師の技術研修に加えてメンタルヘルス研修や講義、実践研修などといったように自立性を高めることのできる看護教育が行われ、技術チェックやキャリアパスによって確実に看護の技術と知識が備わるよう教育体制を整えています。プリセプターによる新人フォローアップシステムがあり、周囲から支えられながら新人看護師も確実に能力を高めることのできる環境があります。

また、クリニカルラダーによる現任教育とキャリア開発支援も行われています。それぞれ臨床実践能力や社会人としての姿勢、適性に応じた研修選択システムを採用している点が特徴的です。

独自の院内教育プログラムとして「マリアンナ認定看護師コース」があり、5つの専門分野についての座学と実践、レポート提出による認定看護師システムがあり、そのほか看護協会や学会で開催されている研修への参加も促進していて個々の能力が高まるようサポートしています。

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院の特徴

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院は、横浜市で中核病院として役割を果たすべく1987年に開院されました。地域医療支援病院としての機能も持っていて、患者さんに対しては次に行われる治療の場を確保し、退院してからも安心して治療が継続されるように周辺の医療機関とも連携しています。