昭和大学横浜市北部病院の給料と待遇

給与 217,000円~
賞与 年2回(5.3カ月)昇給は年1回(4月)
手当 病棟手当、夜勤手当、時間外手当、交通費手当、住宅手当、初任給調整手当、技術手当等
勤務時間 二交代:日勤8:00~16:10 夜勤16:00~翌8:20
休日・休暇 週休二日制、祝日、創立記念日、年末年始休暇、有給休暇、夏季休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、特別休暇など
看護師寮 あり マンションタイプ 冷暖房完備
福利厚生 日本私立学校振興・共済事業団の健康保健、年金加入、各種社会保険加入、看護師宿舎、退職金制度、被服貸与、奨学金制度、会員制リゾートホテルや保養所の利用等
託児所 あり

昭和大学横浜市北部病院の基本情報

病院名 昭和大学横浜市北部病院
住所 神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央35-1
病床数 689床
看護師数 約741人
交通 横浜市営地下鉄で約21分 東海道新幹線 新横浜経由約15分 渋谷から東急田園都市線あざみの経由約30分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

昭和大学横浜市北部病院の看護師中途採用実績

昭和大学横浜市北部病院では、中途採用の看護師を随時募集しています。大学病院全体で看護師のスタッフを補充することによって労働環境の改善に取り組んでいるほか、病床の拡大にともなって看護職員の補充が必要とされているところもあります。

採用条件や勤務条件、福利厚生については昭和大学病院グループで共通する条件になっていて、新卒や既卒者の待遇に差はありません。ただ、中途採用であると経験や実績がありますから給与の加算も考えられます。

また、横浜市北部病院においては人間ドックや中央処置室でパート看護師の採用も行われています。時給は1,500円で、勤務時間や日数は相談可能です。社会保険が完備されていて、交通費支給などの手当もあります。

昭和大学横浜市北部病院の教育制度

昭和大学横浜市北部病院は、集合研修として新人職員全体の看護技術演習やメンタルヘルスのほか看護職員としての倫理観や態度、接遇に関する教育が行われています。それぞれの部署ではプリセプターによる実地、臨床教育が行われていて看護技術や知識を習得していきます。

また、3ヶ月ごとに部署内で個々の自己評価が行われ、目標の到達度と今後の目標設定も行います。

横浜市北部病院に特有の「屋根瓦教育」はプリセプティを支えるプリセプター、プリセプティとプリセプターを支える教育担当者、それを支える病棟の全員によるフォローアップです。

昭和大学横浜市北部病院の特徴

昭和大学横浜市北部病院では、最高レベルの診療が行われるよう質の高い医療が常に追求されています。安全で安心感のある医療を提供すべく、患者さんへの心をこめた対応と説明がなされていて、納得することのできる診断や治療に繋がっています。

急性期医療病院として救急部門、がん拠点、災害拠点、周産期医療などといったように地域から求められる医療が行われる病院であり、地域医療支援病院の認定も受けています。あらゆる健康段階や年齢の患者さんを診療するために、疾患別でセンター化されていて専門医も配属され、スタッフの育成にも力を入れています。

がんの治療や研究も重視していて、がん拠点病院としてがんのエキスパートがそろう病院、緩和ケアによって患者さんのQOLを高める医療が提供される病院としての役割も担っています。