昭和大学附属烏山病院の給料と待遇

給与 217,000円~ 諸手当5万円程度
賞与 年2回(5.3カ月)昇給は年1回(4月)
手当 病棟手当、夜勤手当、時間外手当、交通費手当、住宅手当等
勤務時間 二交代:日勤8:00~16:10 夜勤16:00~翌8:20
休日・休暇 週休二日制、祝日、創立記念日、年末年始、有給休暇、夏季休暇」、慶弔休暇、リフレッシュ休暇など
看護師寮 あり マンションタイプ 冷暖房完備(月20,000円)
福利厚生 日本私立学校振興・共済事業団の健康保健、年金加入、各種社会保険加入、看護師宿舎、退職金制度、被服貸与、奨学金制度、会員制リゾートホテルや保養所の利用等
託児所 あり

昭和大学附属烏山病院の基本情報

病院名 昭和大学附属烏山病院
住所 東京都世田谷区北鳥山6-11-11
病床数 412床
看護師数 約143人
交通 京王線 千歳鳥山駅より徒歩10分 新宿駅より京王線で約20分 渋谷駅より井の頭線・明大前で京王線に乗り換え約30分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

昭和大学附属烏山病院の看護師中途採用実績

昭和大学附属烏山病院は、昭和大学病院のグループで合わせて70人の中途採用看護師の募集が随時行われています。

給与に関しては、昭和大学病院が定めている基準によって経験や資格などにもとづく査定が行われ、またパート看護師やパート助産師の募集も継続して行われており、時給は1,500円で勤務地や時間、日数などは相談することができます。

グループが大きく特色もあり専門性の高い病院であるため、キャリア開発や自己実現にもつながる職場環境で働くことができます。

昭和大学附属烏山病院の教育制度

昭和大学付属鳥山病院では、看護職キャリアパスによって入職してから新人教育プログラムが行われ、クリニカルラダー方式での教育が継続され看護業務や技術、知識のほかプリセプター研修やリーダー研修、教育責任者研修によって教育能力も磨きます。

さらには専門職として人間性の教育も行われ、研修と実地を繰り返し、また外部研修やキャリア教育によってジェネラリスト、エキスパートへと成長していきます。

鳥山病院の特色である精神看護のエキスパートを養成すべく、集合研修によって精神看護のことを理解し、精神領域で必要とされる技術や話術、対話力などを高めるような支援があります。そのほか患者さんが急変したときに適切で迅速な対応をすることができるよう、救急処置の研修も実施されています。

昭和大学附属烏山病院の特徴

昭和大学附属烏山病院は、精神科医療を専門とする病院として大正15年に設立され、昭和26年に昭和大学付属病院の傘下へ入り精神障害者の社会復帰を目的とする治療や看護が提供されています。

メンタルケアを必要とする人が増えてきているとともに、認知症にともなって発症する精神症状によって日常生活に支障をきたしている人やその介護に苦心している人も多くいて、そういった社会背景に対応すべく、地域に根ざした大学病院として医療活動を展開しています。

ここでは作業療法やレクリエーション、デイケア、共同作業などといった活動に看護スタッフやリハビリテーションスタッフ、コメディカルスタッフが関わっています。