昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の給料と待遇

給与 217,000円~ 総支給270,900円~
賞与 年2回(5.3カ月)昇給は年1回
手当 病棟手当、夜勤手当、時間外手当、交通費手当、住宅手当等
勤務時間 二交代:日勤8:00~16:10 夜勤16:00~翌8:20
休日・休暇 週休二日制、祝日、創立記念日、年末年始、有給休暇、夏季休暇」、慶弔休暇、リフレッシュ休暇など
看護師寮 あり マンションタイプ 冷暖房完備(月20,000円)
福利厚生 日本私立学校振興・共済事業団の健康保健、年金加入、各種社会保険加入、看護師宿舎、退職金制度、被服貸与、奨学金制度、会員制リゾートホテルや保養所の利用、勤続5年以上で国内外留学1年以内支援あり等
託児所 あり

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の基本情報

病院名 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院
住所 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-1-1
病床数 197床
看護師数 約109人
交通 電車の場合、田園都市線に乗り、「藤が丘」駅下車、駅改札口「昭和大学藤が丘病院側」を出て右へ徒歩3分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の看護師中途採用実績

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院を含めた昭和大学付属病院全体で、70人の中途採用看護師が募集されています。中途採用の内定が出て職務が開始されてから最低1ヶ月間はパート看護師としての登用で、その後に認められた場合には1ヶ月後から正規職員として勤務することになります。

また、パート看護師も随時継続して若干名の採用があり、時給は1,500円、社会保険や交通費の支給もあります。

急性期からリハビリ期まで身体の回復過程に深くかかわり、患者さんのやる気を引き出すことのできる人材の採用が行われ、専門的かつ集中的で内容の濃いリハビリによって患者さんにとって生活の質が高められる看護が提供されています。

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の教育制度

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の教育制度は、新人教育としてプリセプターを中心に新人教育責任者、チームリーダー、チームスタッフといったチーム全員で新人看護師を支え、一人前まで育てていくサポートがあります。それにより、専門技術や知識をもって自立した看護のプロを目指しています。

また、キャリアのスタートにはオリエンテーションから救急看護研修、実技演習、夜勤研修などといったように日々の業務で必要とされる研修と、看護職者としての知識や接遇に関する研修もあります。

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院の特徴

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院は1990年に開院され、さまざまな原因から身体に障害を持つ患者さんがリハビリテーションによって社会復帰を果たすことを目的としています。

救急病院としての役割も担っていて、急な病気やケガへの対処をした上でその後の回復までを支える病院でもあり、小児から高齢者にまでスポーツ関連の障害、脳や神経系の障害、心疾患などに対するリハビリテーションも行っています。