福島県立医科大学会津医療センターの給料と待遇

給与 192,100円~207,300円(経験年数等によって調整)
賞与 年2回(6月・12月)
手当 扶養手当、通勤手当、住居手当
勤務時間 3交替制(日勤:8時半~17時15分、準夜勤:16時半~翌1時15分、深夜勤:0時半~9時15分)
休日・休暇 4週8休制、夏期休暇、年次有給休暇、ボランティア休暇、妊娠障害休暇、出産休暇、子育て休暇、介護休暇など
福利厚生 各種社会保険完備(健康保険、退職共済年金、雇用保険など)、健康管理(職員健康診断、成人病予防健康診断、人間ドック健康診断など)、財形貯蓄、永年勤続表彰制度、退職金制度あり、施設内にコンビニエンスストア「ローソン」、レストラン「きらり」、休憩所「MACHI cafe」あり
看護師寮 なし
託児所 職員専用託児所「つくし園」(月曜日から土曜日の7時15分~17時半まで(20時まで延長保育可))

福島県立医科大学会津医療センターの基本情報

病院名 福島県立医科大学 会津医療センター
住所 福島県会津若松市河東町谷沢字前田21番地2
病床数 226床
看護師数 213名
交通 JR磐越西線「堂島駅」から徒歩約10分、会津バス喜多方営業所「喜多方駅」バス停から乗車し「会津医療センター」下車(約28分)、「会津若松駅」バス停から乗車し「会津医療センター」下車(約13分)、「坂下営業所」バス停から乗車し「会津医療センター」下車(約20分)
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

福島県立医科大学会津医療センターの看護師中途採用実績

福島県立医科大学会津医療センターでは、年2回看護師採用試験が実施されているほか、中途採用については欠員が出た際などに随時行われています。また、採用予定年月日についても11月~4月1日までの間で希望する日を申告することも可能です。

平成26年度の実績では、試験日が2日間に渡り1日目は作文、適性検査、2日目は口述試験、身体検査で、8月と10月の2回行われました。

職務内容は、基本的には看護業務に従事しますが、必要に応じ所産師の資格を有するものは助産師職に、保健師の資格を有するものは保健師職に任命されることもあるようです。

応募資格として、看護師・准看護師の免許を有することが求められていますが、スキルや経験等については不問とされています。給料は、福島県の給与に関する規則に基づき支給され、扶養手当、通勤手当、住居手当、期末・勤勉手当(6月、12月の年2回)などの各種手当が支給されます。

福島県立医科大学会津医療センターの教育制度

福島県立医科大学会津医療センターでは、看護師同士がお互いの成長を支え、継続して学ぶことを目標とした教育計画が実践されています。教育計画は大きく、「看護実践能力」「対人関係能力」「概念化能力」「科学的・研究的思考ができる能力」に分けられており、それぞれの分野においてさまざまな看護研究・研修等が実施されています。

他にも、看護補助者研修や新人および転入者を対象とした研修なども行われているため、中途採用であっても安心して業務に就くことができるでしょう。専門性の高い認定看護師の資格を取得するための教育や支援も積極的に行われており、キャリアアップを目指すことも可能です。

福島県立医科大学会津医療センターの特徴

福島県立医科大学会津医療センターは、県立会津総合病院と県立喜多方病院とが併合して2013年5月に福島県立医科大学の附属施設として開設された、会津・南会津地域の医療を支える医療機関です。

医科大学に付属する施設であることから、一般診療のほか、医療人の教育や研究機関としての機能なども兼ね備えており、地元の医療機関との連携や機能の分担などを図りながら地域医療に貢献する医療活動が行われています。

高度で先端的な医療が取り入れられ、漢方医学にも力が入れられており、漢方薬を用いた治療が幅広く実践されているというのが特徴です。

看護部においては、初めて受診した時から退院後の生活に至るまで、患者にとって必要な看護を切れ目なく提供するということが基本理念として掲げられています。