順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院の給料と待遇

給与 191,400円~
賞与 年2回(6.2カ月+α)昇給は年1回(4月)
手当 看護職手当、夜勤手当、特殊勤務手当、通勤手当、扶養手当、住宅手当、超過勤務手当等
勤務時間 二交代:日勤9:00~17:10 夜勤17:00~翌9:20
休日・休暇 日曜日、祝日、第二土曜日、創立記念日、年末年始休暇、慶弔休暇、夏季特別休暇、年次有給休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇など
看護師寮 あり
福利厚生 被服貸与、日本私立学校振興・共済事業団健康保険と年金保険加入、各種社会保険加入、職員食堂、退職金制度、野球大会、ボーリング大会、保養所利用、財形貯蓄等
託児所 あり

順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院の基本情報

病院名 順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院
住所 埼玉県越谷市袋山560
病床数 226床
看護師数 約112人
交通 北千住より、東武伊勢崎線準急か区間準急で25分乗車、せんげん台駅下車して徒歩6分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院の看護師中途採用実績

順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院では、年に4回看護師の採用試験を実施しています。選考方法は、書類選考、面接選考、適正検査、健康診断で、給与に関しては大学卒、短大他卒で異なりますが、更に既卒(中途)、認定・専門看護師の諸手当は別途に確認することが必要です。

精神科医療に興味があって人々の健康を第一に考えることができ、患者さん中心の看護を考えることのできる看護師が求められています。基本給の決定にあたってはそれまでのキャリアや持っている資格などが考慮され、メンタルケアのエキスパートとして活躍することが可能です。

順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院の教育制度

順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院では教育制度として、人々の健康回復を助ける看護技術や医学知識、対話能力、看護師としてのマナーを身につけた職員を育成する教育プログラムが組まれ、心の疾患を持つ患者さんが対象ですから誠実な看護を目指した教育を行います。

新人教育ではプリセプター制度による実務教育を行い、新任者研修やフォローアップ研修といった集団研修によって日常業務以外の看護技術も身につけ、専門看護師や認定看護師などといった各種の資格取得支援制度も多く、専門性の高い看護師が養成されています。

順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院の特徴

順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院は、1945年に財団法人順天堂精神医学研究所として始まりました。精神科に特化した専門病院として、メンタルケアでも第一線の医療を提供することができるよう研究、診療が実践されています。

順天堂大学医学部精神医学教室とも連携していて、地域社会へ開かれた精神医療を提供し、自然が豊かでおだやかな環境のもと患者さんにとって安心感とゆとりのある療養生活が目指されています。

精神科の治療を必要としている患者さんには内科的な病気や複数の疾患がある人も多いため、内科診療に対応することのできる専門医も診察にあたり、暗いイメージのある精神科医療とは一線を画し、社会復帰を目的として作業療法や精神科リハビリテーション、デイケア、レクリエーションなどといった明るく健康的な活動も治療の一環として実施しています。