大分大学医学部付属病院の給料と待遇

給与 220,000円~229,400円(経験年数等別途考慮)
賞与 年2回(6月・12月、計3.95ヵ月分)
手当 扶養手当、通勤手当、住居手当、超過勤務手当、休日勤務手当、夜勤手当、退職手当(6ヶ月以上在職の場合のみ)
勤務時間 4週間単位の変形労働制(38時間45分/週)、原則2交代制(日勤:8時~16時45分、夜勤15時半~翌9時)
休日・休暇 4週8休制、年次休暇(年間20日)、特別休暇(夏季休暇(5日)、結婚休暇(5日)忌引休暇(1~7日)、産前(6週間)・産後(8週間)休暇など)、育児休業、育児部分休業、介護休暇など
福利厚生 各種社会保険完備(文部科学省共済組合)
看護師寮 挟間キャンパス敷地内、全室個室(1DKの洋間、冷暖房完備、バス・トイレ付)、宿舎費無料(光熱水費自己負担)、駐車場(有料)
託児所 挟間キャンパス内に、保育所・病児保育室あり

大分大学医学部付属病院の基本情報

病院名 ※大分大学医学部付属病院※
住所 大分県由布市挾間町医大ヶ丘1丁目1番地
病床数 618床
看護師数 614名
交通 大分駅からは「本社前2番(トキハ本店前)」または「大分駅前4番(駅前商店街)」バス停で乗車し、「大学病院」で下車。賀来駅からは約250m先の「桑原上」バス停から乗車し、「大学病院」で下車。向之原駅からは「向之原駅」バス停で乗車し、「大学病院」で下車。
車通勤 不明
カルテの種類 電子カルテ

大分大学医学部付属病院の看護師中途採用実績

大分大学医学部付属病院では、年3回の採用試験が実施されており、新卒者のほか既卒者で看護師歴のある人も応募可能です。平成27年度の看護師・助産師の採用試験はすでに終了していますが、採用試験は毎年第1次募集が7月頃、第2次募集が8月頃、第3次募集が9月頃に実施されています。それぞれ応募締切が設けられているため、サイト上にて確認しておくことが大事です。

採用試験は、筆記試験(専門・小論文)および個別面接試験で、常勤職員または任期付常勤職員での採用となりますが、任期付常勤職員で採用された場合でも勤務成績によっては欠員等により常勤職員への昇格が可能です。

また、大分大学医学部付属病院では看護系技術職員特例手当制度が設けられており、選択した場合には給料が通常よりも毎月2万円多く支給されることとなります。ただし退職金手当は、支給されません。

大分大学医学部付属病院の教育制度

大分大学医学部付属病院看護部では、看護師のキャリアアップ支援を目的としてクリニカルラダーシステムを取り入れたキャリア開発プランが設けられています。1人ひとりが自身の目的や目標に合わせてスキルアップのためのチャレンジプランを作成し、能力開発に取り組むことができるようになっています。

クリニカルラダーはレベルⅠ~Ⅳまでが設定されてあり、ジェネラリスト研修や院内認定ありのプライマリー研修および実践支援ナース研修など、それぞれのレベル毎に幅広い研修プログラムが提供されています。また、認定看護師研修支援体制も整えられており、研修参加費用の一部助成や基本給料が保証されるように研修期間中は出張扱いとなるなどの支援が行われています。

大分大学医学部付属病院の特徴

大分大学医学部付属病院は、高度で先進的な医療の開発と提供を実践する大学病院で「患者本位の最良の医療」を基本理念として掲げ、地域社会における医療と福祉に貢献をしています。

中でもがん診療には定評があり、腫瘍セカンドオピニオン外来やがん相談支援センター、がん患者サロンなどを設置し、がん患者の治療から患者や家族の支援までと幅広い取り組みを行っています。がん診療拠点病院として、地域の医療従事者を対象とした研修会なども開催しています。

また、高度救命救急の分野においても2013年に高度救命救急センターを指定し、ドクターヘリやドクターカーを出動させるなど地域医療に貢献する活動を行っています。