自治医科大学附属病院の給料と待遇

給与 194,567円~(国家公務員に準ずる)
賞与 年2回 昇給は年1回
手当 夜勤手当、夜間看護手当、超過勤務手当、早出遅出手当、扶養手当、住宅手当、通勤手当等
勤務時間 一週間40時間 二交代、三交代、複数夜勤
二交代:日勤8:15~17:00 夜勤16:00~9:00
三交代:日勤8:15~17:00 準夜勤16:00~翌0:45 深夜勤0:00~8:45
休日・休暇 週休二日、年末年始休暇、年次有給休暇、特別休暇、夏季休暇など
看護師寮 看護師寮あり ワンルームマンションタイプ、冷暖房完備 月9300円 駐車場1000円 男性宿舎あり
福利厚生 私学共済事業団の健康保険、雇用保険、各種社会保険、山の家・研修所が日光市と北軽井沢にあり、運動施設、クラブ活動あり、被服貸与、退職金制度、面接・赴任旅費支給等
託児所 夜間保育所あり

自治医科大学附属病院の基本情報

病院名 自治医科大学附属病院
住所 栃木県下野市薬師寺3311-1
病床数 1132床
看護師数 約1272人
交通 JR宇都宮線「自治医大駅」下車、徒歩15分か接続バスで5分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

自治医科大学附属病院の看護師中途採用実績

自治医科大学附属病院において、看護師の中途採用は現在行われていません。常勤以外、パート職員などの募集も行われていません。平成27年度の新規採用、中途採用者の就職試験はすべて終了していて、人員が確保されています。

過去を見ると年度途中の中途採用試験が行われたこともあり、来年度も急な退職者や欠員によって中途採用の募集が出されると考えられます。希望する場合は、病院のホームページや看護師転職サイトでの情報確認が必要です。

条件については新規職員の募集要項と同様ですが、給与や賞与面において経歴加算が見込まれます。

時代の流れに対応する医療職を育成すべく、新人、キャリア開発と研修支援制度も豊富に設けている大学病院です。スタッフも全国各地から集まっているため、たくさんの刺激があります。

自治医科大学附属病院の教育制度

自治医科大学附属病院の教育体制は新人研修とキャリア教育が行われていて、高齢化や少子化などといった時代背景を考慮し、人々のニーズに応じた医療提供を心がけて研修制度の充実を図っています。

平成22年には看護職キャリア支援センターを開設し、新人教育ではオリエンテーション、集団研修、ストレスマネジメント、数カ月おきの部署移動研修、重症救急部門研修、他部門研修も行われていて看護師としての技術や態度、看護師以外の関連職業についても業務研修が行われます。

経験を積んでキャリアアップを考える頃には質の高い看護提供を実践することのできる看護師となるべく、他の地域医療機関における地域派遣研修や大学院入学制度などの支援があります。専門看護師や認定看護師の養成にも力を入れていて、積極的な支援が行われています。

自治医科大学附属病院の特徴

自治医科大学附属病院は1974年に開院し、地域医療の発展と地域医療に貢献する人材育成のために医療活動を展開しています。

各科において、それぞれの疾患に対して専門性の高い医療を実践すべく診療、疾患ごとのセンター化も進められ、がんの罹患率や死亡率が高まり、がん治療に特化した病院として化学療法や放射線療法、緩和ケアなどを一貫して行うことができるようになり、患者さんの負担軽減に繋がっています。

また、近年は生活習慣病や脳血管障害、心疾患の患者さんが増加しているため、早期の的確な診断によって重症化を防ぎ、社会復帰が早まるように対応しています。総合周産期母子医療センターや子ども医療センターによって、母子の健康管理にも関わり、先進医療ではロボット手術や移植手術、内視鏡術、再生医療も研究、実施しています。