和歌山県立医科大学附属病院の給料と待遇

給与 198,300円~
準夜勤、深夜勤を月に各4回した場合総支給242,799円~
賞与 年2回 県準拠 昇給は年1回
手当 夜勤手当、超過勤務手当、扶養手当、住宅手当、通勤手当等
勤務時間 三交代:日勤8:45~17:30 準夜:16:15~翌1:00 深夜0:30~9:15
休日・休暇 4週8休制、年末年始休暇、年次有給休暇、特別休暇、夏季休暇、修学休職制度など
看護師寮 看護師寮あり ワンルームマンションタイプ、エアコン、駐車場あり
福利厚生 公立学校共済組合の健康保険・共済年金、雇用保険、各種社会保険、被服貸与、退職金制度等
託児所 院内保育園あり 病児、病後、夜間保育あり(0才~就学まで)

和歌山県立医科大学附属病院の基本情報

病院名 和歌山県立医科大学附属病院
住所 和歌山県和歌山市紀三井寺811-1
病床数 800床
看護師数 約800人
交通 JR和歌山駅より和歌山バス乗車 医大病院行きバスに乗り約30分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

和歌山県立医科大学附属病院の看護師中途採用実績

和歌山県立医科大学付属病院の看護師中途採用は、現在募集が行われています。平成27年に第4回目の入職試験が予定されており、年が明けてからも募集は継続されます。締め切り間近ですから、早めの情報収集や必要書類の作成が必要です。

試験内容としては総合検査(SPI3)、面接試験、適性検査があり、採用条件や勤務条件は新規採用職員の勤務条件と同じです。給与面は、経歴により追加されることがあり、フルタイムでの勤務が困難な人を対象にしてパートタイム勤務の求人募集も併せて行われています。その場合の基本給は、正規職員に支給される時間あたりの給与額を時間換算したものです。

また、賞与や退職金も正規職員と同様で、各種社会保険への加入も可能です。

勤務時間や日数は希望に応じるかたちとなっていて、個々のライフスタイルに合わせた就業が可能であり、働きやすい環境整備がなされています。

和歌山県立医科大学附属病院の教育制度

和歌山県立医科大学附属病院の教育制度は、新人教育、クリニカルラダー、マネージメントラダーで構成されています。科学的な根拠にもとづく看護実践能力、心をこめた看護を行うことのできる看護職の育成に励み、実技・実践演習や看護記録、看護展開に関する研修、気持ちを汲むことのできる看護師となるための倫理教育、人権教育、救命措置研修なども行われています。

また、新人以外にも管理者の教育システムや養成システムが設けられていて、副看護師長研修や看護師長研修も行われています。キャリア開発を希望する看護職に対しては、大学や大学院への進学支援も積極的に行われています。

和歌山県立医科大学附属病院の特徴

和歌山県立医科大学附属病院は1945年に和歌山県立医学専門学校、和歌山県立医学専門学校付属医院として開院されました。高度な先進医療を提供する大学病院として、現在は地域から大きく期待を寄せられている大学病院です。

医療を提供するだけでなく治療や医療の研究、開発を行う研究機関としての役割も担っていて、新たな医療を患者さんへ還元するよう取り組まれています。

また、がんや災害、救命、周産期、肝疾患、エイズなどといったように専門的で高度な技術を要する医療に挑戦していて、地域のよりどころとなる病院づくりが行われています。先進医療の一部として、医療ロボットの活用や放射線治療、ハイブリット手術室の利用など最先端の医療技術も提供されているのです。