島根大学医学部附属病院の給料と待遇

給与 助産師(4卒)初任給 255,600円
看護師(大学院卒)初任給 263,800円
看護師(4卒)初任給 252,400円
看護師(3卒)初任給 241,600円
看護師(2卒)初任給 232,000円
賞与 年2回(3.95ヶ月)
手当 通勤手当(最高24500円)、住居手当(最高27000円)、扶養手当、専門看護師等手当など
勤務時間 3交代制 日勤 8時30分~17時15分 準夜勤 15時15分~0時 深夜勤 0時~8時45分
または2交代制 日勤 8時30分~17時15分 夜勤 17時~翌9時
休日・休暇 4週8休以上 年次休暇は20日、夏期休暇3日、産前、産後、子の看護、慶弔休暇あり
福利厚生 育児休業制度、育児短時間勤務制度、介護休業制度
看護師寮 あり
全室個室 宿舎費無料(エアコン、ミニキッチン、バス・トイレ、ベッド、食器棚、クローゼット完備)
光熱費は実費負担、駐車場完備、談話室、選択乾燥設備あり
託児所 院内保育所、病児、病後児保育室、学童一時保育あり

島根大学医学部附属病院の基本情報

病院名 島根大学医学部附属病院
住所 島根県出雲市塩冶町89-1
病床数 600床
看護師数 481名
交通 出雲市駅バスのりばよりバスにて島根医大病院下車
車通勤 可能
カルテの種類 無線LAN導入

島根大学医学部附属病院の看護師中途採用実績

看護職員は年度ごとに募集が出され、2015年度の中途採用看護職員の募集は10名でした。応募は随時受け付けており、履歴書と応募書類から書類審査が行われ、書類審査が通過したら面接試験となり、面接の1週間後に合否が決定されます。

入職を検討している看護師のために、5月から9月にかけては病院見学会も行われています。

島根大学医学部附属病院の教育制度

島根大学医学部附属病院では、看護師として先進医療と地域医療を支えるチームの一員として専門性の高い看護を行うこと、また患者の尊厳と質の高い生活を保証した温かい看護を目指しています。院内の教育については、看護教育専任のスタッフが配置され看護師のための研修の企画や運営、サポート体制が整っていますから、働きやすい環境が整っています。

また、島根大学医学部附属病院ではキャリア開発プログラムにも力を入れていて、院外研修や学会に参加することもでき学会に参加する場合は出張扱いになりますし、交通費や宿泊費も補助を受けることができます。院内研修も充実しているので、自分の成長に応じた研修を受けることが可能です。

キャリアアップ支援としては、専門看護師や認定看護師の資格取得を推進し、研修期間は出張扱いで身分や給与も保証します。また、100万円の奨学金を出して経済的にも援助します。

昼夜開講している大学院があり、修士課程、または博士課程に進学も可能です。毎年、4名から5名の看護師が実際に修士課程に進学しています。勤務時間も仕事と勉強を両立できるように配慮してもらえますし、休業制度を利用して大学院に進学することもできます。終了後は職場復帰も可能です。

島根大学医学部附属病院の特徴

1979年に島根医科大学医学部附属病院が開設され、2003年には島根大学との統合により島根大学医学部附属病院と改称されました。1989年11月13日に日本初の生体肝移植が行われた病院として有名です。

島根大学医学部附属病院は、地域医療と先進医療が調和する大学病院を目指し、患者の視点に立って安遠で安心できる医療を提供し、人間性と思いやりにあふれる医療人の育成を目標に掲げています。

また、大学病院として地域社会に還元できる臨床研究もすすめており、地域とのネットワークを大切にした医療の提供を目指して努力を続けています。