千葉大学医学部付属病院の給料と待遇

給与 258,000円~292,750円(経験年数等別途考慮)
賞与 年2回(6月・12月、3.89ヵ月分)
手当 通勤手当、住宅手当、扶養手当ほか
勤務時間 2交替制(日勤:8時~16時45分、夜勤:15時~翌8時半、15時半~翌9時、16時~翌9時半)、3交替制(日勤:8時~16時45分、準夜:15時15分~0時、深夜:0時~8時45分
休日・休暇 4週8休制、年次休暇、特別休暇(結婚・夏季・忌引・分娩他)
福利厚生 各種社会保険完備(文部科学省共済組合)、出産手当金、各種貸付金制度、全国各地に保養宿泊施設、千葉大学附属図書館亥鼻分館
看護師寮 ワンルームマンション形式。寮費無料(共益費のみ)、個室(バス・トイレ・冷暖房完備)、談話室あり。入寮は新卒者のみで、入寮期間は5年までとなっています。
託児所 院内保育所「さつき保育園」(夜間保育、病児保育あり)

千葉大学医学部付属病院の基本情報

病院名 千葉大学医学部付属病院
住所 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1
病床数 835床
看護師数 890名(非常勤職員含む)
交通 JR千葉駅東口・7番バス乗り場から、京成バス「千葉大学病院」または「千葉大学病院経由南矢作」行きに乗り、「千葉大学病院」 で下車。JR蘇我駅東口・2番バス乗り場から、小湊バスまたは千葉中央バス「大学病院」行きに乗り、「大学病院」 で下車。
車通勤 可。看護師専用駐車場あり
カルテの種類 電子カルテ

千葉大学医学部付属病院の看護師中途採用実績

2014年11月~2015年3月にかけて、看護師・助産師の中途採用が行われています。募集人員は20名で、常勤のほか非常勤(フルタイム・パート)での採用も行われています。

勤務場所は、外来・病棟・手術部・ICUのいずれかで、応募に際しては履歴書および看護師免許証の写しが必要となり、面接および適性検査による採用試験が実施されています。

中途採用者を対象とした看護師研修も実施されているため、ブランクのある人でも応募がしやすくなっています。また、希望者については事前に職場の施設見学をすることが可能です。

千葉大学医学部付属病院の教育制度

千葉大学医学部付属病院には、看護師教育を目的として教育担当副看護部長、看護師長1名、副看護師長5名の計7名が担当するキャリア開発室が設けられています。看護師が段階的にジェネラリスト、スペシャリストへとスキルアップするための充実した教育プログラムが実施され、新人看護師についてはプリセプター制度が導入されておりクリニカルラダーに沿った教育が行われています。

また、看護師1人ひとりのスキルや目的に合わせた研修・セミナーも多く実施されており、例えば専門看護師・認定看護師を目指すための「専門・認定看護師資格認定支援プログラム」などが提供されています。他にも「慢性疾患看護アドバンスコース」「小児看護アドバンスコース」「がん看護アドバンスコース」といった専門分野における高度な看護を実践するためのコースや、災害看護の基本を学ぶことができる講習なども用意されています。

働きながらスキルアップすることができる環境が整えられており、キャリアアップを目指す看護師にとっては、メリットの高い職場だと言えるでしょう。

千葉大学医学部付属病院の特徴

千葉大学医学部付属病院は、先進的で高度な医療を提供する病院として知られ、地域医療のみならず海外からの患者も受け入れるなど成田空港に近い立地を生かした取り組みが行われています。

近年では、患者の高齢化に合わせて「高齢者医療センター」を設置するなど高齢者医療にも力が入れられています。

また、病院の基本方針として「患者さんの意思を尊重した安心・安全な医療を提供する」ことが掲げられており、2012年には基本方針に則った医療活動が評価され、(財)日本医療機能評価機構から病院機能評価(Ver.6.0)の認定証が授与されています。

看護部においては、「心と技と責任」が看護理念として掲げられており、チーム医療の一員として患者1人ひとりと向き合う高度で専門的な医療に対応した看護が提供されています。