神戸大学医学部付属病院の給料と待遇

給与 207,790円~
各種主要手当51,430円~
賞与 年2回/3.95カ月 2013年実績
手当 地域手当、住宅手当、通勤手当、扶養手当、夜間看護手当、超過勤務手当、部署により調整手当、業務(手術、救急等)手当て等
勤務時間 二交代:日勤8:30~17:15 夜勤16:30~9:00
三交代:半日勤8:30~12:30か13:15~17:15 準夜:16:00~0:45 深夜0:15~9:00
休日・休暇 完全週休二日制、年次有給休暇20日、自己啓発職務免除、職務免除、夏季休暇、リフレッシュ休暇、結婚休暇、誕生日休暇、、育児休暇、介護休暇など
看護師寮 あり
ワンルームマンション形式、借り上げマンションあり
福利厚生 ユニホーム貸与(クリーニング週2回病院負担)、文部科学省共済組合、各種社会保険加入、進学・留学休業制度、他大学と交換人事交流、転勤制度、育児短時間勤務制度
託児所 院内保育園あり 病後児保育あり

神戸大学医学部付属病院の基本情報

病院名 神戸大学医学部付属病院
住所 兵庫県神戸市中央区楠町7-5-1
病床数 930床
看護師数 約910人(常勤のみ)
交通 JR神戸駅より徒歩15分 JR神戸駅より神戸市バス9・110・112系統に乗車約5分
車通勤 可能
カルテの種類 電子カルテ

神戸大学医学部付属病院の看護師中途採用実績

正規職員の募集は、現在7次募集を行っています。中途採用試験は現在ありません。

2015年度の採用人数は、新規卒業者と中途採用者あわせて150名を予定しています。既卒者、中途者の給与に関しては、経験や実績により追加加算がありますが、福利厚生や勤務時間、待遇に関しては新規卒業者と同様です。

神戸大学医学部付属病院の教育制度

神戸大学医学部付属病院の教育制度は、特定機能病院としての役割と先進医療を提供する専門病院としての役割を果たすために高い専門性と他職種との連携能力、患者様とその関係者の要望や思いに応えられる看護を提供できるよう、新人、中途採用者教育、キャリア開発教育を行っています。卒後研修、集合・部署研修、eラーニングで研修を行い、キャリア教育としてラダー教育により知識、技術のみならず優れた人間性を持った看護師の育成に努めています。

また、基礎教育から、教育者、マネージメント能力を身につけた看護師、認定看護師や専門看護師の育成も行っています。研修や勉強、進学や通学などに対する自己啓発による休暇や休業にも積極的な助成、給付制度もあり、キャリアアップには協力的な病院です。大学病院とも連携し、看護師としてのキャリアアップのみならず、講師や教育に対しての学びを得られるチャンスがあります。

神戸大学医学部付属病院の特徴

神戸大学医学部付属病院は、明治元年に設立を許可され明治2年より神戸病院として診療を開始した歴史ある公立病院です。最先端医療技術の提供、研究や特定機能病院としての役割を担う地域貢献、社会貢献を目標に掲げている大学病院であり、患者様へ優しさを提供でき、患者様の信頼できる医療と看護の提供を第一とし、安全で安心、納得できる高度な医療を提供できる病院として日々、診療、研究を行っています。

患者様のニーズに応えられる病院になるよう知識、技術の再習得はもちろんのこと、職員の人間性や感性を豊かにし、コミュニケーションを十分にとり診療、看護を提供できる人材教育にも取り組んでいます。

日々変化する医療の進歩に追い付ける人材を採用し、癌拠点病院、災害拠点病院、へき地医療、エイズ治療拠点病院として地域、周辺各地の人々の健康や安全の最後の砦と呼ばれるような人々の心のよりどころとなれる病院、人材作りを行っているのです。