川崎医科大学附属川崎病院の給料と待遇

給与 4年卒:基本給214,249円と主手当66,869円
3年卒:基本給204,567円と主手当65,504円
2年卒:基本給195,915円と主手当64,284円
助産師:基本給214,249円と主手当66,869円
賞与 年2回(2013年度実績3.95カ月)
手当 住宅手当、通勤手当、扶養手当、超過勤務手当等
勤務時間 日勤 8:30~17:00
夜勤 16:30~9:00
週平均39.5時間(業務上必要な場合は残業あり)
休日・休暇 年間111日(実質週休二日制)
(日曜日、国民の祝日、創立記念日(6月1日)、夏季休暇、年末年始休暇含む)
年次有給休暇、特別有給休暇(結婚休暇、忌引休暇、子の看護休暇、リフレッシュ休暇、WLB休暇など)、産前・産後の休暇、生理休暇、育児休業など
福利厚生 社会保険(健康保険・共済年金(日本私立学校振興・共済事業団)・雇用保険・労災保険)、互助会制度、厚生施設(院内保育所等)、看護職員専用宿舎あり(近隣マンション借上げ入居制限あり)
看護師寮 あり
近隣マンション借上げ
託児所 あり
夜間保育含む

川崎医科大学附属川崎病院の基本情報

病院名 川崎医科大学附属川崎病院
住所 岡山市北区中山下2丁目1番80号
病床数 749床
看護師数 363名
交通 JR岡山駅より5分(タクシー)
JR岡山駅発天満屋行・NTTまたは天満屋バスセンター下車徒歩3分(バス)
車通勤 要確認
カルテの種類 電子カルテ

川崎医科大学附属川崎病院の看護師中途採用実績

川崎医科大学附属川崎病院では、新卒、中途採用共に看護師の募集を行っています。また、応募締切、選考日ともに随時となっているので、応募する際は確認が必要です。

川崎医科大学附属川崎病院の教育制度

川崎医科大学附属川崎病院では、経年別プログラム、役割別プログラム、役職者プログラムといった教育計画が設けられ、経年別プログラムではチーム制による新人看護師のサポート研修が含まれています。年間を通して、社会人としてのマナーから電子カルテの操作方法や看護師としての基礎技術などを学んでいくのです。節目ごとに研修内容とサポーターが変わっていき、より質の高い看護実践が提供されるようになっています。

役割別プログラムは新人教育担当者が受けるプログラムであり、講義、グループワーク、発表といった内容のほかに実技指導者、ミドルマネージャー研修が含まれています。

役職者別プログラムは副主任就任者が受けるプログラムであり、看護管理に関する原則や主任としての役割を学びます。

そのほか、院内認定看護師が受けるプログラムや看護研究などが行われており、新人看護師だけでなく指導者やスペシャリストも研修プログラムを受けてより良い看護提供と職場環境を整えることを目指しています。

川崎医科大学附属川崎病院の特徴

川崎医科大学附属川崎病院は、診察所、介護施設、また当院とは異なる機能をもつ病院と連携をとり、また中核を担う急性期病院としての地域医療を提供しています。救急告示病院、エイズ治療拠点病院、臨床研修病院として指定されており、平成24年には岡山県からがん診療連携推進病院に認定されました。

構内には集中治療室(ICU)、人工透析センター、内視鏡センター、治験センター、卒後臨床研修センターなどを併設していて、病院としての基本診療科目はもちろん、大学病院にはあまり見られないリハビリテーション科、歯科といった医療も提供しています。

さまざまな職種の人と働くチーム医療への参加もでき、新人看護師へのフォローも充実しています。先輩看護師からの丁寧な指導を受けることができるので安心して仕事と職場に馴染め、質の高い医療を提供していくための看護医療の教育も行われていて、そのほか認定看護師になるためのサポートもあり年間でおよそ3人を認定看護師取得のために推薦しています。研修費の支援もありキャリアアップできる環境が整い、取得後には週に一度、業務内で活動できるように勤務時間の調整も行われています。

診療科によっては日勤のみといった働き方も可能で、看護師専用のマンションは2分以内のところにあり、通勤にも便利です。夜勤の際に院内保育所が対応する夜間保育もあるため、子育てと仕事を両立させることができます。

このような川崎医科大学附属川崎病院では施設が老朽化しているため、2016年には新病院が開院する予定です。