兵庫医科大学ささやま医療センターの給料と待遇

給与 大 卒 307,200円(基本給200,000円+主要手当107,200円)
専門・短大3卒 296,500円(基本給190,500円+主要手当106,000円)
専門・短大2卒 286,800円(基本給181,900円+主要手当104,900円)
主要手当は看護調整手当並びに夜間勤務を4回及び超過勤務10時間した場合の合計額を記載。
なお、経験は前歴を勘案して加算。
賞与 年2回
手当 夜間看護手当(病院) 1回 12,000円
看護調整手当 月額 30,000円
通勤手当 月額 55,000円まで
住居手当 月額 27,000円まで
他、扶養手当、超過勤務手当等規定に基づき支給
勤務時間 二交替制
日勤A:8時30分~17時00分(うち休憩60分)
日勤B:9時30分~18時00分(うち休憩60分)
夜勤:16時30分~9時00分(うち休憩120分)
休日・休暇 年間休日:122日(平成25年度)
完全週休二日制、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、創立記念日(11月22日)、年次有給休暇20日・夏季休暇5日(着任1年後より)・結婚休暇5日のほか弔慰休暇等の特別休暇、リフレッシュ休暇あり
福利厚生 職員専用宿舎、職員専用マイクロバス、メンタルヘルスケア、看護職賠償保険、看護手当の拡充、院内保育所、ベビーシッター利用補助
看護師寮 あり
ワンルームマンション型、冷暖房完備、駐車場無料
宿舎利用料金は、月額20,000円(新宿舎)と月額15,000円が設定されており、希望に合わせたマンションへの入居が可能です
託児所 院内保育所

兵庫医科大学ささやま医療センターの基本情報

病院名 兵庫医科大学ささやま医療センター
住所 兵庫県篠山市黒岡5
病床数 180床
看護師数 要確認
交通 丹南篠山口方面からの場合所要時間:約15分
公共交通機関の場合所要時間:約20分
車通勤 要確認
カルテの種類 電子カルテ

兵庫医科大学ささやま医療センターの看護師中途採用実績

募集期間は随時、新卒・既卒どちらも募集しています。採用人数は応募する際に確認が必要です。

兵庫医科大学ささやま医療センターの教育制度

ささやま医療センターでは、独自の教育システムである「ささやま医療センタークリニカルラダー」が導入されています。新卒者が該当するノバイスというレベルから効率的な看護実践などを行うレベルⅣまで細分化され、レベルごとに目標が設定されているので自分のレベルを意識しながら看護技術と知識を高めていくことができます。

また、新人教育に関してはささやま医療センターの「新人看護師卒後臨床研修マニュアル」に沿って先輩たちと一緒に成長していくことができ、先輩たちの指導をもとに研修を受けながら、実際に看護技術に触れてスキルを着実に身に着けていくのです。

兵庫医科大学ささやま医療センターの特徴

兵庫医科大学ささやま医療センターは、平成9年10月1日に兵庫医科大学病院の附属病院として開院し、丹波地域の地域医療の役割を果たしています。一般病床だけでなく24時間対応できる救急医療も行っており、日本医療機能評価機構にも認定されています。

教育制度は「ささやま医療センタークリニカルラダー」が導入され、新人看護師にはマンツーマンでの指導から始まり数多くの研修を受けていき、確実に看護に関する必要な知識とスキルを身に着けていきます。学習だけでなくメンタル面のフォローもあり、先輩たちと共に成長していきます。

また、経験者の看護師にもたくさんの研修があり、臨床工学技士の指導の下ME機器の取り扱い、操作を学ぶことが可能です。さまざまな種類の院内、院外研修を行えるだけでなく、資格取得、院内認定制度といったキャリアアップのサポートも充実しています。

加えて、兵庫医科大学ささやま医療センターでは実働8~38時間以内で勤務条件を自分で選択して勤務できる短時間正職員制度があります。夜勤の際も預かりを受けている院内保育所もあり、育児と仕事を両立できる環境が整っています。

職場やプライベートなどの悩みを臨床心理士に相談することができるメンタルヘルスケアも完備し、「看護職のワーク・ライフ・バランス推進事業」に参画しており、ノー残業デー、業務改善といった看護師にとってより良い待遇づくりを進めています。