芳香会病院青嵐荘療育園の基本求人情報

病院名 社会福祉法人芳香会 芳香会病院青嵐荘療育園
住所 茨城県古河市上大野698
病床数 62床(重症児者病床50床、ショートステイ病床12床)
看護師数 30人(看護師12人、准看護師18人)
交通 JR宇都宮線古河駅下車、茨急バス上大野宮前下車徒歩10分
車通勤 可能(無料駐車場あり)
カルテの種類 紙カルテ
給与 基本給:190,000円~
賞与 年2回/4.8ヶ月分
手当 通勤手当:~30,000円
夜勤手当:1回12,000円
住宅手当:40,000円
特殊業務手当:18,000円
勤務時間 2交代制:日勤8時30分~17時30分、遅出11時30分~20時30分、夜勤16時~翌9時30分
3交代制:日勤8時30分~17時30分、準夜勤15時~0時、深夜勤16時~翌9時30分
休日・休暇 年間休日107日、4週8休以上、年次有給休暇(20日)、慶弔休暇、出産休暇、育児休暇など
福利厚生 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など各社会保険への加入
看護師寮 なし
託児所 あり
院内託児所:8時15分~18時、法人運営

正規採用は常勤の正看護師、准看護師、そして非常勤の准看護師の募集の3種類があります。

まず常勤の正看護師、准看護師の場合、応募資格は看護師免許を取得していること、あるいは採用年度に取得見込みであることです。その上で交代勤務、遅出や早出など不規則な勤務体制をこなせることが条件となります。

非常勤看護師の募集の場合、勤務時間は日勤と遅出から選ぶことができ、基本的に日勤の時間帯だけで働くことになります。勤務日数は週5日、1日8時間から相談に応じて変えられます。その時の状態に応じてある程度調整が可能となります。

新卒看護師を採用する場合を除いて、中途採用や非常勤職員、そして正職員の場合であっても、福祉施設などで臨床経験が5年以上あることが応募条件のひとつとなっています。

看護師が働く現場としては特殊な面を持つのが療養介護・医療型障害児入所施設ですから、臨床経験がある程度ないといけません。

芳香会病院青嵐荘療育園の教育制度

教育制度はOJT(現場研修)を基本としています。看護師として基本的なところはもちろんのこと、重症心身障害看護について専門性を高める場所として打ってつけです。

特徴は正看護師よりも准看護師の方が多く、正看護師を目指して勉強中の准看護師が大勢働いているという点にあります。福祉や障害の分野について学びたい人は、養育院や相談員との連携や支援を受けながら学ぶことが可能です。

芳香会病院青嵐荘療育園の特徴

芳香会病院青嵐荘療育園は、1982年に医療法に基づく病院であり、同時に児童福祉法に基づいて重症心身障害児施設として開設された施設になります。

18歳未満の人を対象とした医療型障害児入居施設と18歳以上の人を対象とした療養介護を実施している施設で、常時支援を必要とする人へ、一貫した支援を行います。

基本的に支援は継続されるという方針で、年齢に応じてその年齢に合った支援の方法を考えて、変えていくという方針です。

利用者とその家族の需要をとらえて必要な適切なサービスを提供すること、利用者に対して適切な養育・看護・介護技術を使い、必要な保護や日常生活における支援を行います。特に地域や各家庭との連携を重視して、他の保健医療機関との連携に努めることを掲げています。

建物は鉄筋コンクリート造りの平屋建てで、10人部屋が5室と4人部屋が3室、居室として利用可能です。平屋建てであるのは、2階以上で階段があると、重症心身障害が災いして移動が困難であったり、運が悪いと階段から落ちてしまうことが有り得るからです。

同様の意図を持つ施設のほとんどが平屋建てであり、出来る限りバリアフリー化されているのも同じ目的です。よって移動はすべて水平で行われて、重症心身障害を持っていても安心、安全に移動し、日常生活を営めます。