愛知県の行政保健師求人と採用対策

愛知の市町村保健師の求人

愛知県の市町村保健師の採用試験は公務員試験に準ずるもので、それなりの勉強が必要な上に、どの市町村でも毎年採用があるわけではなく、狭き門となっています。例えば、春日井市で平成26年度に1名の採用があります。

試験は第1次から第3次までであり、筆記試験、論文試験、集団討論・面接試験となっています。また東海市の場合、平成24年度では2名の募集がありましたが、それ以降の募集・採用はありません。情報を集めたり、試験突破のための準備を怠らないようにしたりする必要があるでしょう。

愛知の保健所保健師の求人

保健所の保健師の求人は、県としての採用と、政令指定都市である名古屋市や中核都市である豊橋市、豊田市、岡崎市が県とは別に保健師の採用を行っています。

愛知県では、平成27年度採用として、10名の募集があります。試験は筆記試験と面接です。名古屋市の場合も、平成27年度採用で12名の募集があります。県の場合同様、試験は筆記試験と面接試験で、筆記試験は保健師の専門知識を問う内容となります。

また、豊橋市や岡崎市でも保健師の採用があり、採用自体は多くなっています。しかし、県の場合を見てみますと、筆記試験の合格者は29名で、そこから面接で10名に絞られます。こうした面から見ると広き門とは言い難く、試験に対する準備や対策をしっかりしておくことが大切です。

愛知県の病院保健師求人と採用対策

愛知県では名古屋市を中心に、東海市、東海市、豊田市、豊橋市、岡崎市、一宮市などで多くの病院がありますが、病院での保健師採用はそれほど多いわけではありません。

岡崎市の総合病院に併設されている健診センターで、生活習慣病の予防健診や一般健診の補助業務の募集がありますが、採血や血圧測定、検査補助など看護業務が主になります。

愛知県の病院保健師求人では、保健師の資格を持っていても、看護業務を求められる場合が多くなっています。看護師としての知識や経験が求められることを念頭に置いておきましょう。

愛知県の大学、学校(養護教諭)求人と採用対策

県内には、名古屋市の名古屋大学、名古屋工業大学、中京大学、岡崎市の岡崎女子大学、長久手市の愛知県立大学、豊明市の藤田保健衛生大学、豊田市の日本制十字豊田看護大学など約50の大学があります。

校内に保健室や保健管理センター、健康管理センターを設置して学生や職員の健康相談に力を入れている大学も多く、保健師が採用される傾向にあります。募集では、学校保健や産業保健の経験が重視される場合が多くなっています。こうした仕事は短期間の臨時的な求人もありますので、アルバイトや派遣という勤務形態を利用して経験を積むのも有効です。

愛知県の場合、大学も含めて学校の保健師求人は、欠員補充の場合がほとんどで、採用が不定期な上に、募集人員も1名か2名と少なくなっています。情報をしっかり集めたり、書類選考や面接などの採用試験に向けて準備をしたりしておくことが大切です。

愛知県の産業保健師求人と採用対策

企業の本社や支社が集まる名古屋市や、自動車産業が盛んな豊田市を中心に、産業保健師の求人があります。県内にはトヨタ自動車などの大企業もあり、複数名の保健師が在籍して業務にあたっています。こうした場合、経験が重視されがちな産業保健師において、未経験での応募が可能となっている案件もあります。

まずは愛知県内の企業の求人情報を逃さないように、しっかりとアンテナをはって情報を集めておくようにしましょう。

その他求人と採用対策

名古屋市を中心に、一宮市、岡崎市などの地域包括センターや社会福祉協議会が運営するいきいき支援センターで、地域の高齢者介護に携わる保健師の求人が多くなっています。常勤や契約社員、臨時職員などさまざまな雇用形態があり、日勤のみで働けることや、土日が休みであること、未経験でも応募できることから人気も高く、愛知県の保健師求人で注目されている案件となっています。

保健師は、地域の高齢者介護を担う介護士や社会福祉士などと連携をとりながら、業務に取り組む必要があります。そのため採用には、こうした連携を可能にするコミュニケーション力が重視される点に注意しておきましょう。

また、保健師には介護スケジュールの管理などマネジメント的な役割が求められます。特に経験が問われていなくても、高齢者介護に必要な知識や経験を身につけておくと、アピールポイントになるでしょう。