岡山県の助産師求人動向

岡山県全体で見ると、求人は岡山市、倉敷市、津山市、玉野市などの市町村に集中し、中でも岡山市と倉敷市は人口の多さから求人数の大半を占めています。

給与は月収にして25万円から35万円くらいが相場で、年収に換算すると300万円から400万円くらいです。福利厚生として再雇用制度を導入しているところでは、熟練の助産師が現役で働いており、この道の大先輩から学ぶことができます。

岡山県の助産師募集要項例

募集人数 3干名(卒業見込み・有資格者含む)
勤務時間 3交代制で、日勤は8時30分~17時00分、準夜勤は16時30分~翌1時00分、深夜勤は0時30分~9時00分
給与・賞与・昇給 新卒助産師の場合は、250,000円(住宅手当11,000円、準夜勤手当4,000円、深夜手当5,000円、休日出勤手当5,000円、扶養手当5,000円、通勤手当30,000円)経験年数や資格を考慮して、基本給や手当額が変動します。

賞与は年2回、昇給は年1回チャンスがあります。

休日・休暇 年間休日は110日で、4週8休制(休みはシフト表のローテーションによる)産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、慶弔休暇を取得できます。
各種手当制度 住宅手当、準夜勤手当、深夜手当、休日出勤手当、扶養手当、通勤手当。夜勤手当の他に夜間分娩手当があります。
福利厚生 院内託児所は勤務時間内のみ利用可能、寮は定員を満たしていると入寮できないため、代わりに住宅手当が支給、退職金制度あり、再雇用制度あり、雇用・健康・厚生・労災など各種社会保険への加入も可。

パート・アルバイト情報

岡山県における助産師のアルバイト・パート求人は、主に産婦人科を持つクリニックから出されています。求人には夜勤ができる人材を求めていることが多く、夜間に急な分娩が起こる可能性に対処するためでしょう。分娩は時間がかかるため、どうしても夜間まで伸びてしまったり、夜間に分娩が始まるのは珍しくありません。

岡山県での時給相場は1,200円から2,300円程度で、夜間分娩には高めに給与が出て、普段の時給とは別途に支給されます。

岡山県の産婦人科病院、クリニック情報

サン・クリニック(岡山市)
基本は分娩台ですが、フリースタイル分娩を選ぶこともできます。産みたい姿勢を自分で選び、家族の立ち合い分娩ができるため、家族の絆を深められます。そして母子の絆を作るため、生まれたその日のうちから一緒に過ごせるよう同じ部屋で入院します。いつでも赤ちゃんに触れられる環境を作り、出産後の育児をスムーズにし、母性を発言しやすいようにとの配慮です。所在地は、岡山県岡山市中区中井287-1です。
山内産婦人科クリニック(倉敷市)
経膣超音波検査により細かな赤ちゃんの状態を確認し、異常がなく自然分娩可能な場合は旦那さんの立ち合い分娩ができます。入院は出産後後5日が基本で、帝王切開になった場合は10日となります。所在地は、岡山県倉敷市三田126-1です。

岡山県の助産院情報

さくらんぼ助産院(倉敷市)
家庭のような雰囲気で女性の有無力を引き出し、安心して分娩に臨める環境を作っています。家族で入院できる個室は畳敷きやフローリングなどがあるため、家庭の雰囲気を助産院まで持ってこれます。血液検査などで異常がないか確かめた上で、正常な分娩を送れるよう健康な身体づくりなどの指導を行っています。所在地は、岡山県倉敷市水島南春日町2-28です。
たんぽぽ助産院(倉敷市)
自然分娩を行う助産院であるため時間の調整はできず、出来るだけ自然に近い出産になるよう手助けします。特徴はアクティブバースを目指しているという点で、分娩台はなく、自分が最も楽な姿勢、動作によって出産までを過ごすスタイルとなっています。立ち合い出産や家族での入院も可能です。助産院で出産できないと判断された場合は嘱託医と相談し、産婦人科のある病院を紹介します。所在地は、岡山県倉敷市玉島乙島105-10です。
くにさだ助産院(笠岡市)
分娩は個室で行い、立ち合いは旦那さんや家族以外でも可能です。自由な姿勢で分娩に臨め、生まれてすぐにカンガルーケアを希望できます。出来るだけ母子共にゆっくり休み、母乳育児をスムーズに行うのが目標で、退院する場合は助産院から15分の距離にある最寄りのクリニックで診察を受け、異常がなければ退院となります。所在地は、岡山県笠岡市新賀3310です。