栃木県の助産師求人動向

栃木県内で助産師の求人数が多い地域は、宇都宮市、大田原市、那須塩原市、足利市、小山市、栃木市、下都賀郡野木町、 那須烏山市などの市町村です。

収入は月収にして35万円前後が相場で、年収にして350万円から450万円程度です。経験を積むほど給与は上がっていき、最終的に600万円以上になる求人もあります。

栃木県の助産師募集要項例

募集人数 若干名(卒業見込み・有資格者含む)
勤務時間 2交代制で、日勤は8時30分~17時00分、夜勤は16時00分~翌9時00分
給与・賞与・昇給 新卒助産師の場合は、280,000円(基本給200,000円、夜勤手当48,000円、資格手当30,000円、皆勤手当て48,000円、通勤手当実費支給、住宅手当10,000円)

経験年数や資格によって基本給や手当が加算されていく仕組みで、通勤手当は別途支給。賞与は年2回、昇給は年1回です。

休日・休暇 年間休日は120日で、4週8休制。有給休暇は半年以上勤務を続けると10日ずつ付与。夏季休暇(3日)、年末年始休暇(5日)、有給休暇(年間15日)、その他に育児休暇、産前産後休暇、慶弔休暇あり
各種手当制度 夜勤手当、通勤手当、住宅手当、助産師手当、扶養手当、役職手当、残業手当
福利厚生 マイカー通勤可(職員用の無料駐車場あり)、雇用保険、健康保険、厚生年金保険、労災保険など各種社会保険への加入も可、退職金制度あり、定年制度が60歳まであり、65歳まで再雇用制度あり。

パート・アルバイト情報

助産師、正看護師、准看護師、看護助手など様々な職種を同時に募集している病院が多い傾向にあります。

時給相場は1,300円から2,000円くらいで、出来れば夜勤と日勤両方をこなせる人を募集しています。逆に、日勤専従や夜勤専従の募集は少ないようです。

栃木県の産婦人科病院、クリニック情報

かしわぶち産婦人科(宇都宮市)
分娩の機能、生理を理解することで自然分娩でお子さんを出産する手助けをします。特徴は足場の固定をなくし、より自由な姿勢で分娩に臨めるという点です、帝王切開を行う場合は、皮下脂肪部を含めた接合を行い、より跡が残りにくい縫合を行っています。所在地は、栃木県宇都宮市海道町70-8です。
かしま産婦人科(足利市)
希望があれば24時間母児同室にできるため、入院用の個室は快適な造りとなっています。入院中は単に身体を休めるだけでなく、助産師が沐浴や調乳の指導に当たり、育児を安心して行えるアドバイスを行っています。所在地は、栃木県足利市鹿島町501-1です。
石塚産婦人科(那須塩原市)
自然分娩と帝王切開どちらも取り扱い、もちろん出来るだけ自然分娩ができるようにアドバイスと指導、ケアを行いますが、異常分娩に対処できるだけの医療設備が整っています。所在地は、栃木県那須塩原市三島2丁目14-9です。

栃木県の助産院情報

マザーズはうす(栃木市)
分娩後、母乳育児を上手くできるように、おっぱいサロン、アロマテラピーマッサージ、リンパドレナージュ・アロマフットマッサージなどを受けられます。分娩と前後して、乳房のトラブルが起きやすくなるため、乳房トラブルケアが必要となるのです。所在地は、栃木県栃木市仲方町151-17です。
簗田助産院(小山市)
自然分娩、ソフロロジー、イメジェリーを方針とし、自由な分娩方法を選べ、例えば水中分娩やファーラー位など一般的な産婦人科では出来ない分娩も可能です。出産後はカンガルーケアや授乳、母乳を優先し、母乳育児を希望する人には母乳育児の指導や計画を授けます。所在地は栃木県小山市栗宮1134-32です。
相田助産院(宇都宮市)
自然分娩、ソフロロジー、イメジェリーを基本に据えて、好きな分娩ができます。また、出産前には妊婦健診、両親学級、母親学級などを行い、育児への前段階に心構えが出来るように対応しています。所在地は、宇都宮市戸祭4-1-29です。