医療の世界は現在進行形で進歩し続けている世界です。このため、看護師として仕事をスタートさせても、最新の症例や治療法などについて勉強することが求められます。

もし最新の医療についての情報を仕事の合間を使ってサクサク調べたいと思っているのであれば、medyを活用すると良いでしょう。

medyとは、日本アルトマークというところが提供しているアプリでパソコンやスマホを使って、自分の欲しい医療関係の情報を簡単に調べられます。

medyは、国内外の実に200を超える医療情報サイトの情報を網羅しているアプリです。検索エンジンが搭載されているので、キーワードを入力すれば豊富な医療情報の中から必要な情報をピックアップして見つけ出せます。

ちなみにキーワード情報を登録しておけば、そのワードに関する最新情報があれば新着情報が届きます。ですから「あなた専用の医療新聞」とも呼ばれています。

スマホで簡単に情報を検索できる

medyですが、パソコンの他にもスマホアプリにも対応しています。iPhoneでもAndroidのスマホでもダウンロードすることは可能です。スマホであれば、気になった時にサクサク情報収集できるのでおすすめです。

ちなみにアプリを使った場合、トップページを開くと先ほど紹介した200以上の医療サイトの情報の中から診療科目を登録すると、それに関連する領域の最新情報や更新状態などをチェックできます。これなら、業務中の忙しい合間を縫って、最新情報を確認することも可能です。

診療科目に関連する最新情報以外も、もちろんチェックすることは可能です。たとえば代謝・内分泌とか感染症などのジャンルに分かれて、最新情報をチェックできるようなメニューもあります。

さらには記事検索サービスも搭載されているので、病名や医薬品の名前を入力してそれに関する情報を効率的に入手することも可能です。もし検索結果などを見ていて、気になる情報があればそこからその情報の配信元にジャンプできます。そして詳しい内容をスマホでもって簡単に確認できるわけです。

多種多様なサービスの利用できるmedy

medyですが上で紹介した、自分の欲しい医療関係の情報をチェックできる以外にも、いろいろな機能が充実しています。

たとえば、ヘッドラインという機能があります。これはサイトやジャンル、キーワードについて優先表示の設定をします。するとそれに関連する情報を新着順に表示してくれる機能です。常に関心のあるジャンルについての最新情報を自分で探すことなくチェックできるのは魅力的です。

その他には、スターリストという機能も搭載されています。例えば自分にとって高い関心ごとの記事で、後でじっくり読みたい内容であれば、スター登録をします。すると後でスターリストを選択すると、そのスター登録した情報の一覧が簡単に出てきます。「あの記事どこにいったかな」といった探す作業を省略できるわけです。

サイトやジャンル、キーワードに関して優先表示を設定した場合、メールマガジンが自動的に配信されます。毎朝8時ごろになるとメールマガジンが配信されることになっていて、パソコンはもちろんのことスマホにアプリをダウンロードしておくとアプリ通知をしてくれます。自分の欲しい分野の最新情報を、いちいち探す必要がなくなるわけです。

medyのアプリですが、AppStoreもしくはGoogle Playからダウンロードができます。ちなみに無料で利用できるアプリなので、ちょっとした時間を使って勉強して看護師としてキャリアアップしてみたいと思っている人は押さえておくと良いでしょう。

medyのサービスを利用するためには、メールアドレスやユーザー名、パスワード、氏名、生年月日、勤務先、職種などの情報を入力すればIDがもらえます。このIDを使ってログインすると、medyの上で紹介したいろいろなサービスが利用できます。