愛媛県の夜勤専従看護師求人事情

看護師不足が叫ばれる中、夜勤専従で働く看護師の需要は全国的に高まっていますが、愛媛県における求人はさほど多いとは言えません。

愛媛県では求人のスタンスとして、まず常勤看護師を募集し、夜勤のみも応相談といった形をとる傾向があります。愛媛県は、人口10万人あたりの常勤看護師数が878.55人と全国平均の649.83人を上回っており(2013年7月現在)、常勤看護師の数が全国に比べて足りていること、また雇う側も夜勤・日勤のどちらもできる常勤看護師を求める傾向が強いといったことが背景にあるようです。

人口の集中に伴い医療機関は松山市に集まっている愛媛県ですが、求人数の地域差はそれほどないようです。むしろ常勤看護師が不足しがちな地域で求人が散発的に出ています。松山市のほかに東予地方の西条市、今治市、新居浜市、四国中央市、上島町をはじめ、伊予市、東温市、宇和島市、大洲市、八幡浜市、西予市などでも求人があります。

しかし、郡部の砥部町、松前町、内子町、伊方町、松野町、鬼北町、愛南町などでは、医療機関の絶対数が少ないことから、夜勤専従の求人もほとんどない状態です。

愛媛県で夜勤専従の求人を探すのであれば、求人情報を逃さないように敏感になっておくことが大切です。また、情報を待つだけでなくまず自分がどういった施設や仕事(医療関係、介護関連など)で夜勤専従として働きたいのか考えてみた方がよいでしょう。そして、勤務を希望する施設に夜勤専従での勤務が可能かどうかあたってみた方が自分にあった職場を探しやすいかもしれません。

夜勤1回あたりの給与の相場

給料の相場としては、1回の夜勤あたり正看護師で20,000円前後、准看護師で18,000円前後です。全国の都市部に比べて5,000円から10,000 円ほど低くなっていますが、県内における給料の地域差はほとんどありません。また、病院、クリニック、介護施設などといった職場形態による差もそれほどありません。

夜勤専従の給料については応相談という求人も少なからずありますので、こうした金額を目安にしておくとよいでしょう。

勤務回数は応相談が可能

勤務回数については応相談となっている場合が多くなっています。愛媛県で出されている夜勤専従求人では、月4~8回程度で柔軟に対応しているところが多くなっていますので参考にしてみてください。

愛媛県の病院で働く夜勤専従看護師

勤務地 東予地方
施設区分 救急対応も行っている総合病院
勤務時間 午後4時30分~翌朝9時00分
給与 夜勤1回20,000円にプラスして救1回の勤務あたり救急手当が10,000円

愛媛県内の夜勤専従の求人としては高収入が期待できる求人とあって、注目を集めています。この病院ではいきなり夜勤から入るのではなく、希望に応じて慣らし日勤から始めて徐々に夜勤に慣れていくことも可能です。教育体制も整っており、ブランクあっても安心です。

また、交替で仮眠を取れるように人員配置を行うなど無理なく働けるような職場環境作りにも気を配っています。

愛媛県の介護施設で働く夜勤専従看護師

勤務地 南予地方
施設区分 老人介護保険施設
勤務時間 午後4時30分~翌朝8時45分(休憩3時間)
給与 日給が18,000円
その他 勤務回数は週1回以上から相談可能

1回の夜勤体制は看護師1名と介護職員3~4名で、基本的に看護師は介護業務を行わず、看護業務に専念することができます。緊急事態が起こらなければ、業務は始業時と早朝に集中するためまとまった仮眠をとることができ、体力的に楽であるためダブルワークを行っている看護師から注目を集めています。

また、勤務についてはシフト制となっており、休日の希望を出したり働く曜日を固定したりすることも可能です。自分の都合に合わせて働きやすく、家庭を持つナースの間でも人気の求人です。