千葉県の夜勤専従看護師求人事情

千葉県は東京都と程近いことから、人口が多く、面積も大きな県です。住宅開発が進んだ結果、かなりの人口を持つようになりましたが、下手に東京に近いことから日中と夜間の人口差が激しく、東京に人口を吸い取られてしまった地域もあります。

現在の人口は働き盛りの30代と50代から60代にかけてが突出して多く、それほど人手不足という訳ではありませんが、むしろこれから人手不足が予想されるため、若手を積極的に雇う傾向にあります。

夜勤専従看護師の給与の幅が広い

千葉県の夜勤専従看護師求人の特徴は、何と言っても給料の相場が幅広く、1回の夜勤につき低くて20,000円、高ければ45,000円とかなりの差がある点です。超高給与を約束しているのは、当然仕事が忙しい証拠です。

そのほとんどが救急指定病院からの求人であったり、ICUからの求人であったりと多忙さが求人から透けて見える内容です。夜勤の時間が短くとも、濃密な仕事をしなくてはならないと容易に内容が予想されます。

その分院内保育所など福利厚生は充実しており、0歳から場合によっては12歳まで預かってくれます。通常院内保育所で預かることが出来るのはせいぜい未就学児童か小学校低学年までですが、忙しい病院からの求人ではぎりぎり中学生前までなら預かってくれます。特にシングルマザーやシングルファザーなど、配偶者のいない看護師にとっては好待遇です。

千葉県の病院で働く夜勤専従看護師

千葉県の夜勤専従の求人は、大半が病院やクリニックなどの医療機関からのものです。早く夜勤専従のスタッフを雇いたいという職場側の思惑から、プリセプターシップ、院内外研修 、中途向け研修、新人研修、アソシエイト制度、クリニカルラダー制、集合研修など研修制度が充実しているのが特徴です。

病院ごとに多少異なるものの、経験の浅い人からブランクがある経験者までいろんなタイプの人材を集めようという傾向にあります。

求人が多いのは救急医療タイプの病院で、人手不足気味、経験不足の人を促成栽培によって経験を積み、人材を育てようと言う意図が見えます。看護師として成長したい、スキルアップしたいという場合には千葉県の病院は打ってつけの条件を出してくれるでしょう。また、多忙な分、さまざまな手当てがつくため正看護師、准看護師問わずに夜勤専従で十二分に働けます。

千葉県の介護施設で働く夜勤専従看護師

千葉県の夜勤専従の求人のうち、介護施設からの求人は千葉市、市川市、船橋市、松戸市、柏市、習志野市、流山市などに偏っています。介護施設のうち有料老人ホーム、老人保健施設などからが多く、働く上で看護師への負担を軽減できるようにさまざま工夫が凝らされています。

介護施設によっては老人保健施設とデイケア施設が併設されていることもあり、両方の施設を利用することも可能です。その分看護師の仕事は増えていて、日勤をデイケア施設でこなし、夜勤を老人保健施設でこなすという仕事のしかたもありますが、夜勤専従希望者はこの選択肢を捨てることになります。

交通費支給や車通勤、バイク通勤はもちろんのこと、駅からの無料シャトルバスがついてくる求人もあります。このシャトルバスは本来利用者の送迎に使うものを職員用に転用しています。

また、千葉県の特徴として看護師の平均年齢が高く、介護施設の利用者と年齢が大差ないことがあります。50代、60代は言うに及ばず、70代、80代の看護職員も現役で働いているほどです。これは介護施設の方で再雇用制度を導入しているためで、長く看護師に働いて欲しいという試みが成功している証拠です。