福島県の夜勤専従看護師求人事情

福島県は東日本大震災の原発事故以降、看護師不足が続いていて同じ福島県内でも原発の影響のある海岸部ではより厳しい状況です。原発周辺地域の医療機関や介護施設では、震災前と後では看護師の取り巻く状況も大きく変わり、現在では他県からの看護師も増えています。

しかし、他県からの看護師は単身赴任など長く勤務できない場合もあるので、福島県ではUターンやIターンといった就職支援に力を入れており、看護師の転職などは重宝されています。

夜勤専従看護師の求人が見られる地域

福島県の夜勤専従看護師求人では都市部を中心に多く、福島市、郡山市、いわき市、会津若松市などは医療機関も多いため夜勤専従の求人もみられます。他にも喜多方市、須賀川市、二本松市、白河市、伊達市などの地域にも医療機関、介護施設などが多く求人も期待できます。

このような都市部から離れると医療機関も少ないため夜勤専従の需要も少なくなり、石川郡、岩瀬郡、耶麻郡、河沼郡、大沼郡、田村郡などの郡部の町村ではなかなか求人は見つけられません。

夜勤1回あたりの給与の相場

福島県の夜勤専従看護師の給与は東北地方の中では高く、救急医療や急性期の病院やリハビリ病棟、介護老人ホームなどでは忙しさにも差があるため介護施設より一般病院の方が高い傾向にあります。

時給では1,100円から1,300円が多く、深夜手当などが加算され、夜勤1回あたり20,000円程です。都市部と郡部では給与面での差も若干ありますが、職場の勤務形態や正看護師、准看護師などでも違ってきます。

福島県の病院で働く夜勤専従看護師

勤務地 福島市
施設区分 一般病院
勤務時間 17時00分~翌9時00分
給与 時給1,100円~1,400円
夜勤手当は1回につき5,500円
その他 マイカー通勤可
勤務地 いわき市
施設区分 一般病院
仕事内容 病棟看護業務
給与 時給1,100円~1,300円
夜勤手当のほか、職務手当、通勤手当が実費支給
その他 週2日以上勤務出来る方

夜勤では看護師3人体制で約20人の患者への看護業務です。

就業曜日や扶養枠内での勤務も可能なためプライベートを充実させたい人や家庭の状況に合わせた勤務ができます。

夜勤専従の魅力は、日勤の看護師に比べ出勤日数が少なくても手当が厚く給与面が高くなることがあげられます。また、夜勤専従看護師を募集している医療機関では、24時間保育など福利厚生面も充実しているので小さな子どものいるママナースでも安心して働けます。

福島県の介護施設で働く夜勤専従看護師

勤務地 いわき市
施設区分 有料老人ホーム
勤務時間 17時00分~翌8時00分(実働10時間)
給与 常勤の場合:月収が約21万円、非常勤の場合:時給900円
どちらも資格手当、深夜割増手当、時間外手当が加算
別途交通費支給
その他 勤務日数は月17日程になりますが、非常勤の場合では週1回程度の勤務も可能
マイカー通勤可

有料老人ホームの夜勤専従は病院勤務に比べ体力・精神的にも負担が軽いので看護師のダブルワークとしても人気があります。